【育毛剤ランキング】手遅れになる前に薄毛や抜け毛を改善!

薄毛だと前立腺がんになる可能性が高い?若い人のハゲほど注意!

   

薄毛だからがんに注意ってどういうこと?

薄毛の人はがんになりやすい、なんていわれたらショックですよね。米国のがん研究で明らかになったのですが、薄毛の男性はそうでない人に比べ、前立腺がんの発症率が明らかに高いというんです。

特に45歳時点で前頭部と頭頂部の頭髪が薄い人、つまり若年性の薄毛だとがんになるリスクが高いのだそうです。また、どんなタイプのハゲであっても、ハゲていない人に比べると発症率が高くなるといいますから、注意が必要です。

前立腺がんは早期に発見できれば治癒の可能性が高いがんですから、異常を感じたら迷わずすぐに医師の診察を受けることをオススメします。

なんで薄毛とがんが関係あるの?

男性の薄毛は多くの場合、額の生え際である「前頭部」と後頭部の上の「頭頂部」が薄くなることで始まります。個人差があり、どういった形に残るかは違いますが徐々に後退していくものです。

なぜ薄毛になるか、それは男性ホルモンであるテストステロンの分泌に関係があります。分泌されたテストステロンが頭皮にある酵素の働きでジヒドロテストステロンに変わり、毛髪のサイクルが乱れ脱毛、薄毛になるんです。テストステロンの分泌が盛んなほど、より薄毛になりやすいといえるでしょう。

このテストステロンが脱毛や薄毛を促進させるだけなく、実は前立腺がんを促進させる作用もあるため、薄毛の人はがんに注意する必要があるというわけです。

前立腺がんを予防しよう!

がんになるリスクが高いといっても、必ずがんになるというわけではありません。そうならないような予防をし、薄毛なので不安があるなら医師に相談して検査を受けることが大切です。

予防としては、食事を見直すことも効果的だといわれています。栄養バランスを考えた食事を摂ることが大切ですが、あまり食べない方が望ましいものとして「揚げ物」があります。

揚げ物にはタンパク質と糖が加熱されてできた毒性の強い物質が含まれていて、これが老化を促進させがんを発症させるリスクが高くなるといいます。

全く食べてはいけないというわけではありませんが、食べるなら揚げる調理の食品ではではなく、焼く、蒸すといった調理をした食品を選びましょう。前立腺がんだけでなく、他のがんの発症も防ぎますし、それに頭皮の環境もよくなり元気な髪が生えることも期待できます。

 - 薄毛関連情報