【育毛剤ランキング】手遅れになる前に薄毛や抜け毛を改善!

頭皮の血行促進に効果のある成分はこのタイプの薄毛に効く!

   

ミノキシジルという成分を知っていますか?

薄毛に悩んでいる人なら、「ミノキシジル」という名前を耳にしたことがあるのではないでしょうか。育毛剤に配合されている成分の一つなのですが、もともと高血圧の治療薬として使われていたもので、発毛効果は後になって認められました。

薄毛の治療薬として病院で処方してもらう他、市販の育毛剤にもこのミノキシジルが配合された製品がありますし、海外通販などでも手に入れることができます。

ミノキシジルは血管拡張や血行促進に優れた効果があり、これにより頭皮の血行が良くなって発毛を促します。でも、なぜ血行が良くなることで発毛し薄毛が改善できるのでしょうか。

血行不良だと栄養不足で髪も元気に育たない

毛髪も栄養分があってこそ成長します。その栄養は血液によって頭皮の下の毛乳頭まで運ばれ、毛母細胞が活性化することですくすくと髪が成長します。

栄養を運んでくれるはずの血液の流れが悪くなれば、頭皮の末端の毛細血管にまで血液がきちんと届かなくなり、栄養も運ばれなくなるんです。

栄養が届かなければ元気な髪が育たないだけでなく、毛乳頭もダメージを受けてしまいます。そうなればその後血流が良くなったとしても、回復するのが難しいほど毛乳頭は弱ってしまい薄毛も進行してしまう恐れがあります。

ミノキシジルが良く効くタイプの薄毛

血行を促進する効果が高く、薄毛治療に使われるミノキシジルですが、すでに薄毛が進行していてそれを食い止めたい人向きの成分です。

男性型脱毛症(AGA)が原因となる薄毛の場合、生え際部分やつむじの部分などが目立って薄くなります。薄毛になっている部分は皮膚が硬くなっていますが、皮膚が引っ張られる形になっているので血行が悪くなっています。

ミノキシジルがこの部分の血行も促進させることで、髪が成長するようになります。ミノキシジルは医師に処方してもらうだけでなく、市販の育毛剤にも配合されていますが、医薬品ということで使用には注意が必要です。副作用は少ないといわれていますが、まれにかゆみやかぶれ、頭痛などの症状が出ることもあるので、その際は使用を中止し医師に相談しましょう。

 - 薄毛関連情報