【育毛剤ランキング】手遅れになる前に薄毛や抜け毛を改善!

薄毛は遺伝するけれど必ずハゲるわけじゃない!諦めないで対策を

   

残念ながら薄毛は遺伝するようです

自分はフサフサだから将来も薄毛の心配はないはず、と思っていても父親や祖父、または母親の家系に薄毛が多いと「もしかしたら」という気持ちになりますよね。

薄毛は遺伝するのでしょうか?はい、残念ながら遺伝するらしいんです。薄毛の場合、母方の祖父が薄毛なら、その孫にも受け継がれる可能性が高いといわれています。しかし遺伝が原因で薄毛になるのは100%ではなく25%程度だといいますから、将来必ずハゲると決まっているわけではありません。

兄弟でも薄毛とフサフサに分かれる不公平

考えてみれば遺伝で全てが決まるなら、兄弟そろって薄毛、あるいはそろってフサフサということになりますよね。でも、同じ親から生まれたのにどうして?と首をかしげるくらい極端に差がある兄弟も存在しています。

弟の方が薄くて兄がフサフサだと、年齢も逆に見えてしまって勘違いされることも多いようです。兄弟間で差があるよりも可哀そうなのが、父親がフサフサなのにまだ若い息子の方が薄毛の場合です。男性型脱毛症の場合、母方の家系の遺伝で症状が現れるとうのも納得できてしまいます。

自分が将来薄毛になるかどうか、知っておけばあらかじめ対策することもできるでしょう。もしそれを知りたいなら、遺伝子検査で調べることも可能です。

男性ホルモンの感受性(アンドロゲンレセプター)を調べるのですが、薄毛専門のクリニックで検査に応じてくれますし、家庭用キットも販売されています。

遺伝だからと諦めたら後悔する

親族がみんな薄毛で、遺伝子検査で数値が高かったとしても自分が絶対薄毛になるとは限りません。まだ薄毛を自覚していない段階はもちろん、すでに始まってしまった人でも対策することで薄毛を防いだり、進行させないようにすることは可能なんです。

遺伝の可能性がない人でも、食生活がめちゃくちゃだったり頭皮の健康に気を配らないことで薄毛になることはあります。自分は気を付けていても、人間関係や仕事のプレッシャーなどでストレスを受けて薄毛になることだってあります。

だから誰にでも薄毛になる可能性はあるということですね。あらかじめ「薄毛の可能性あり」と覚悟しておけば、自分で気を付けて生活し対策もしっかりと行うことができるでしょう。薄毛が遺伝することはあくまでも目安、で良いのではないでしょうか。

 - 薄毛関連情報