【育毛剤ランキング】手遅れになる前に薄毛や抜け毛を改善!

ひょっとして自分は薄毛なのか?判断するためのセルフチェック法

   

認めたくないけど薄毛なら早く手を打たなきゃ!

髪が抜ける。普段よりも多い気がする。認めたくないけれどもしかしたらこのままどんどん薄毛になってしまうのかも、と心配になることはありませんか?

季節によって髪の抜ける本数は違うといいますし、体調によっても多く抜ける時もあるでしょう。一過性のものなのかこれから抜けていく一方なのか、それを確認しておかないと後悔することになってしまいます。

自分が薄毛になってしまうのか、それを判断するためのセルフチェック方があるので、とりあえず試してみて今後の対策を考えてみませんか?

抜け毛の本数と髪の状態をチェック

やっぱり実際に抜けている髪の量を把握することが大切です。朝きた時に枕に付いている抜け毛の量、シャンプーして髪を乾かす時やブラッシングの時にも量をチェックしてみましょう。

また生えている髪にも注目してみてください。以前に比べてハリやコシがなくなった、クセが出たり髪質が変わってきたということはないでしょうか。そういえば最近ヘアスタイルが決まらないなあと感じていたら、髪の量が減っているからかもしれません。

髪全体が産毛のようにか弱く細い状態なら危険です。特に生え際が薄いようだと気が付いたら薄毛が進行している可能性は大きいです。シャンプーの時、髪を濡らしたらペタンコで洗う時も手応えがないと感じるのも、全体的な髪の量が減っている証拠です。

頭皮の状態と血縁関係のある人の髪もチェック

髪だけでなく頭皮の状態も知っておく必要があります。頭皮は髪を健康に育てるための「畑」のようなものですから、栄養が十分届いていなかったり炎症を起こしていたりでは髪も育ちにくいんです。

毛穴に皮脂汚れが詰まったり不潔にすることで炎症を起こすことを避けるため、シャンプーは低刺激のものを使い優しく洗います。洗い過ぎも皮脂を取り過ぎるので良くありませんから、洗うのは一日一回でシャンプー液は必要以上に付けないように洗いましょう。

そして自分が薄毛になりやすい体質であるか、親兄弟親戚で薄毛になっている人がいるかどうかも要チェックです。薄毛は遺伝も関係しているといわれますから、自分がなりやすい体質かを知ることで早めの対策ができるでしょう。

 - 薄毛関連情報