【育毛剤ランキング】手遅れになる前に薄毛や抜け毛を改善!

薄毛にとって敵か味方か?帽子をかぶるメリットとデメリット

   

帽子をかぶるとハゲるって聞いたけど?

帽子って頭を保護するだけでなくファッションでかぶっている人も多いですよね。薄毛の人なら「ハゲかくし」のためにかぶっている人もいるのではないでしょうか。

でも帽子って結構蒸れてしまうもので、そのことが薄毛には良くないのではと気にかかったりします。帽子と同じく頭にかぶるものでヘルメットがありますが、普段ヘルメットを着用することが多い人たちは、年々薄毛が進行していると嘆いていることが多いようです。

ヘルメットほどではないけれど、帽子もやっぱり蒸れるからずっとかぶり続けるのは危険なのではないでしょうか。

やっぱり蒸れは薄毛に良くない

帽子の素材にもよりますが、帽子をかぶることにより汗が蒸発しにくくなり頭皮に雑菌が繁殖してしまう恐れがあります。不潔にすれば炎症を起こしたり湿疹ができたりと頭皮環境は悪くなるでしょう。

頭皮環境の悪化は薄毛を進行させますから、帽子をかぶるのなら通気性の良い素材を選びかぶりっぱなしというのは避けた方が良いでしょう。

ムレで薄毛が進行するといっても、薄毛の原因の一つである男性型脱毛症に直接影響があるわけではありません。しかし、頭皮環境を整えることは育毛には大切なことですから、帽子をかぶる時には注意したほうが良いようです。

帽子をかぶることが薄毛対策に!

薄毛だから帽子をかぶった方が良い、ということもあるんです。紫外線から守る効果があることも一つです。

紫外線は肌にダメージを与えますが、頭皮にももちろん影響があります。紫外線を浴びることで日焼けする、これは火傷しているのと同じことです。

また、寒い季節に防寒目的で帽子を利用することも薄毛対策になります。薄毛の原因には血行不良もありますから、寒くて頭皮の血行が悪くならないよう、帽子で保護してあげることは効果的な薄毛対策になります。

結局帽子はかぶった方が良いけれど、かぶり方に注意することが必要ということでしょうか。ムレないような素材のものを選び、汗をかいたらこまめに拭いてかぶりっぱなしというのは避けましょう。

 - 薄毛関連情報