【育毛剤ランキング】手遅れになる前に薄毛や抜け毛を改善!

育毛剤を使う前に知っておきたい!ヘアサイクルと抜け毛・薄毛の関係

   

ヘアサイクルが乱れると抜け毛や薄毛に

抜け毛の量がいつもより多いなと気がつくと、ドキッとしますよね。このまま薄毛になってしまうのではと、想像してしまうからです。

通常1日に50本~100本程度は髪が抜けるといいますが、頭髪は全部で10万本程度生えているといいますから、その位抜けても目立つことはないのでしょう。また、抜けたとしても次々と新しい髪が生えてくるもの、抜けては生えるを繰り返しているんです。

もっとも、何らかの原因で脱毛症を発症すれば、抜けたままで生えて来ない場合もあります。この抜けたらまた生えてくる髪のしくみを「ヘアサイクル」といいますが、脱毛症を発症するとそのヘアサイクルが乱れてしまうんです。

ヘアサイクルのしくみとは

一本の髪の寿命っておよそ6年なんだそうです。髪が芽生えてどんどん成長する期間は3年から6年で、「成長期」といいます。成長が止まり髪が抜ける準備段階が「退行期」で2~3週間、いったん抜けた髪が再び生え始める時期が「休止期」で、3~6ヶ月といわれています。この繰り返しがヘアサイクルです。

ヘアサイクルが正常に機能していれば、約90%の髪は成長段階にあります。髪が退行期に入ってしまったら薄毛になるのではと心配になるかもしれませんが、髪の毛全てが一斉に同じ時期に退行期になるわけではないので大丈夫なんです。

しかし、ヘアサイクルが乱れてしまったら要注意です。成人男性の薄毛といえばAGA、男性型脱毛症がお馴染みですが、このAGAを発症するとヘアサイクルが正常でなくなり、髪が成長途中で抜け落ちてしまうことになります。

AGAを放置すると大変なことに

AGAを発症すると成長段階の髪が減ってしまうため、薄毛が目立つようになります。AGAは男性ホルモンの作用が原因で起こり、放置するとどんどん進行していきます。

AGAの場合、頭全体がツルツルにハゲてしまうというわけではなく場所が限定されます。適切な治療をすることにより改善しますから、AGAかなと気が付いたら早めに治療を開始しましょう。

AGA治療のための育毛剤は、男性ホルモンの作用を抑えることでヘアサイクルを正常に戻し、再び髪が生えてくるように働きかけます。育毛剤にも様々なものがありますが、AGAの場合は男性ホルモンの作用を抑える成分でなければ効果が期待できません。

育毛剤なら何でもいいわけではないので、症状に合わせて選ぶことが大切でしょう。

 - 薄毛関連情報