【育毛剤ランキング】手遅れになる前に薄毛や抜け毛を改善!

お酒を飲むことで薄毛になる?適量なら問題ないどころか育毛に効果が!

   

毎日浴びるように飲むのはダメですが

タバコやお酒が薄毛を進行させると聞いたことはありませんか?タバコは体にも髪にも良くありません。しかしお酒なら、飲み過ぎなければ問題ないようです。

それどころか、お酒に含まれる成分が育毛に効果的だといいます。でも効果があるなら毎日どんどん飲んでも良いのでは、と勝手な解釈をしてはいけません。あくまでも適量で、体に負担のかからないような飲み方をしなければダメです。

育毛に効果のある成分が含まれている一方で、髪に悪い成分も含まれており過剰に摂取することで悪影響を与えます。

お酒に含まれる髪に良い成分

お酒に含まれる髪に良いとされる成分は、その種類によって異なります。まずビールですが、主原料であるホップに含まれるゲラニオールという成分に秘密があります。

ゲラニオールとビールに含まれる炭酸とアルコール、この3つが胃の中で知覚神経を刺激するとIGF-Iという体内物質が増加します。IGF-Iは薄毛になることを防ぎ育毛を促す働きをします。

IGF-Iを増やすといわれているお酒は、ビールだけでなく日本酒やワインも該当するようです。日本酒はa-グルコシルグリセロールという成分、ワインはレスベラトロールという成分が知覚神経を刺激するといわれています。

飲みすぎることで起こる悪影響

お酒を飲みすぎることが育毛にとってマイナスになる、理由の1つはアミノ酸が消費されるということです。摂取したアルコールは肝臓で分解されますが、その時に使われるのがアミノ酸です。アミノ酸は育毛にとって必要な栄養素ですが、あまりにも多くのアミノ酸がアルコールの分解に使われれば、それだけ育毛には回らないということになります。

また、体内でアルコールの分解が間に合わなくなると、抜け毛を促進させるデヒドロテストステロンというホルモンが増加します。ですから体の負担にならない程度の適量を飲むことが重要なんですね。

上手にお酒を飲むことができれば、ストレスを軽減させることもでき、ぐっすりと眠ることができるでしょう。これはさらに育毛にプラスになります。薄毛が気になるなら、お酒も考えて飲むようにした方が良いですね。

 - 薄毛関連情報