【育毛剤ランキング】手遅れになる前に薄毛や抜け毛を改善!

タバコは体にも髪にも良くありません!喫煙するとハゲやすくなる

   

タバコを吸うと髪に良くないの?

どこででも好きなようにタバコを吸えた時代もありましたが、最近は喫煙者の肩身がどんどん狭くなっているようですね。禁煙する人も増えているようで、健康に悪い影響を与えるという意識が高まってきたからなのでしょう。

百害あって一利なし、といわれるタバコですが、髪にも悪影響を及ぼすといわれています。やめたらストレスになってかえって体に良くないからと、なかなか禁煙しない人もいますが、薄毛になるリスクが高まることも知っておいたほうが良いでしょう。

ハゲてしまう可能性があるとしても、まだタバコを吸い続けますか?

髪にも悪影響!ニコチンの恐ろしさ

タバコに含まれる有害物質といえばニコチンが思い浮かびますよね。ニコチンは吸うことで毛細血管に吸収され、末梢血管の収縮と血圧の上昇や心拍数の増加を引き起こします。

末梢血管が収縮すると血流が悪くなり体温が低下しますが、血流が悪くなれば摂取した栄養も体の隅々に行き届かなくなります。もちろんそうなれば頭皮にも栄養が行き渡らなくなるので薄毛になる恐れがあります。

タバコを吸うことでビタミンCが大量に消費されることはよく知られているでしょう。ビタミンは髪の育成に欠かせない栄養素です。タバコを吸うとビタミンCだけでなくビタミンB群やビタミンEも消費され、せっかく食事やサプリで十分摂取したとしても、タバコを吸うことでそれもムダになってしまうことが多いのです。

それだけではなく、ニコチンを摂取すると自律神経が正常に働かなくなり、頭皮から過剰に皮脂を分泌してしまい抜け毛の原因になってしまいます。

髪も体も健康でありたいなら禁煙を!

その他にもタバコを吸うことで髪に与える悪影響は、活性酸素や悪玉コレステロールの増加などがあります。

また、タバコを吸うことで男性ホルモンが増加するという研究結果もありますし、喫煙者はAGA(男性型脱毛症)になるリスクが高くなる可能性があるでしょう。

タバコには発がん性があるともいわれており、髪にも健康のためにも禁煙したほうが良さそうです。ただ、禁煙はそう簡単にいかないものですし、やめるのはかなりのストレスになってしまいます。

ストレスを受けると薄毛になりやすいといいますから、禁煙するにしてもムリなくじっくりと取り組む必要があるでしょう。

 - 薄毛関連情報