【育毛剤ランキング】手遅れになる前に薄毛や抜け毛を改善!

ストレスで薄毛になるっていうけれど?どういう仕組みで髪が減るのか

   

強いストレスは髪にも頭皮にも影響が

ストレスを受けると髪に影響があるということはよく知られています。白髪が増えるのもそうですが、急に脱毛してきて薄毛になるのもストレスを受けた時に見られる現象です。

なぜストレスを受けると薄毛になってしまうのでしょうか。まず考えられるのは血行不良です。強いストレスを受けると、自律神経が緊張し血管の収縮を起こします。そのことで血流が減少するために血行が悪くなってしまうんです。

健康な髪を育てるためには毛母細胞が活発に働く必要があります。毛母細胞に栄養を届けるのは血液で、血行が悪くなれば当然栄養が不足してしまい髪も生えにくくなるんです。薄毛だけでなく、白髪も血行不良による栄養不足が原因の一つになっているといわれています。

眠れないことも薄毛の原因に

ストレスを感じている時は、不眠症になることもありますよね。この不眠症も薄毛に関係あるんです。髪が成長する時間帯は午後10時から午前2時頃といわれています。この時間帯に眠ることができないと、髪もうまく成長することができず薄毛になる可能性があります。

ストレスによって自律神経が乱れてしまうと、心地よく眠りにつくことができなくなり髪が成長する大切な時間も眠れないということになってしまいます。

また、自律神経の乱れは内臓機能の低下を起こしてしまうこともあります。ストレスで胃腸の調子が悪くなるのはこのせいです。髪の生育にはタンパク質が必要なのですが、内臓機能が低下すればタンパク質もうまく吸収できなくなり、健康な髪を育てることもできなくなってしまいます。

血流が悪くなることでAGAの原因にもなる

ストレスによる血行不良は、AGA(男性型脱毛症)の原因になることもあります。血液の流れが悪くなると、改善しようとして体内から男性ホルモンであるジヒドロテストステロンが分泌されます。

血流は改善されますが、このジヒドロテストステロンこそが男性型脱毛症を引き起こす原因にもなるので、やはり薄毛には血行を良くすることが大切なんですね。

育毛剤だけでなかなか効果が出ない場合、ストレスも原因になっているのかもしれません。思い当たるのならストレスをうまく発散させることで、薄毛もどんどん改善するかもしれません。

 - 薄毛関連情報