【育毛剤ランキング】手遅れになる前に薄毛や抜け毛を改善!

程度の差はあるけれど男女ともに発症する可能性がある老人性脱毛症

   

原因が「老化」であるハゲは男性にも女性にもあり

年をとったら髪が薄くなるのは自然なことでしょう。だいたい60を過ぎたくらいなら、髪が薄くなっても仕方ないことだとあえて対策しないこともあるようですね。

中にはハゲを気にし、不自然なくらいフサフサしたカツラをつけている男性もいますが、年齢にそぐわない髪のボリュームに、いっそはずしてしまった方が自然で良いのになと思ってしまうこともあります。

老化による薄毛は男性だけに見られる症状ではありません。女性もある程度の年齢になったら、つむじ周りや分け目がスカスカになってしまうこともあります。

なぜ年を取るとハゲてしまうのか

年をとれば体の機能はどんどん衰えます。新陳代謝も若いころに比べれば確実に低下しますし、細胞分裂も盛んではなくなってしまいます。髪の毛もそうです。髪も毛母細胞がせっせと細胞分裂しないと育ってくれないので、年齢と共に髪も育ちにくくなるのでしょう。

加齢が原因で発症するのではなく、男性は20代や30代でも薄毛になることがあります。これは男性型脱毛症と呼ばれ、男性ホルモンの影響で薄毛が進行していくものです。

老人性脱毛症と男性型脱毛症、違いはというと、男性型では前頭部や頭頂部が極端に薄くなるのに対し、老人性は全体的に薄くなっていきます。女性の場合の薄毛も頭全体が薄くなり、部分的に特に薄くなるということはありません。

老人性脱毛症の治療はあるの?

男性型脱毛症(AGA)は病院で治療を受けることで改善できるようになりました。市販薬を使って自分でケアしている人も多いようです。これは原因がはっきりしている薄毛なので、それに効果がある薬で治療できるからです。

では老人性の脱毛症はどうなのでしょう。年齢のせいだから仕方ない、と諦めてしまう人もいますがきちんとケアすれば望みがないわけではありません。

普通の薄毛対策と同じように、バランスの良い食生活に十分な睡眠、適度な運動で血行を促進させることなどで努力してみましょう。育毛サプリや育毛剤などもありますが、医薬品は高齢だと体の負担になることもあるので、医師と相談のうえ使うようにしましょう。

 - 薄毛関連情報