【育毛剤ランキング】手遅れになる前に薄毛や抜け毛を改善!

髪へのダメージが強い夏と冬は抜け毛対策も抜かりなくやっておこう!

   

動物と同様に人間も髪が抜ける季節がある

犬や猫のペットを飼うと、季節によって毛が大量に抜けて困ることがあります。体温調節のために冬毛や夏毛に生え変わるために、このようなまとまった抜け毛が起こるといわれています。

実は人間も、ペットほどではないですが抜け毛が増える季節があります。生理的に抜けてしまうのは仕方ありませんが、その時期のケアをおろそかにすると、次に生えてくるはずの髪も生えにくくなることがあるので注意が必要です。

気を付けてほしいのは夏と冬。これらの季節にはしっかりとケアする必要がありますが、季節が違えば対策も異なるということを覚えておきましょう。

夏が来る前の春に抜け毛が多いので

実は髪が抜けやすいのは春と秋です。春は生理的に抜ける季節で、気温や日照時間の変化が大きいことなどに加え、生活環境の変化によるストレスなども抜け毛を増やします。

春にたくさん抜け毛があっても夏を迎えれば落ち着くものですが、その夏場のケアが十分でないと春に抜けたままの状態を保ってしまうこともあります。さらに怖いのは、追い打ちをかけるように抜け毛が増えてしまうことです。

それを防ぐには、頭皮環境を良い状態に保つことが大切です。夏は暑いし紫外線が強いです。暑ければ汗をかきますが、体は拭いても頭皮を拭くということはあまりしないのではないでしょうか。頭皮も同じように汗をよく拭き取り、シャンプーは優しく丁寧に行って汚れを落とし清潔にしましょう。紫外線対策も抜かりなく、外出する時には帽子をかぶるなどして頭皮を守りましょう。

冬は血行が悪くなるので要注意

頭皮の血行が悪くなる寒い冬、やはり抜け毛の心配はあります。血行が悪くなれば頭皮に十分な栄養が行き届かず、髪も育ちにくく抜けやすくなってしまいます。

ですから寒さに負けず体を動かすことを習慣にし、体を温めるものを食べて血行を良くすることが大切です。寒さから頭皮を守るために帽子をかぶるのも良いですが、その際は蒸れないように気を配りましょう。

夏、冬とも注意が必要なのは食事です。血液をドロドロにして毛穴を詰まらせるような脂肪分の多い食べ物は避け、野菜や果物などビタミンをたっぷりと摂り、髪を作る良質なたんぱく質もしっかりと摂りましょう。

季節によって髪が抜けるのは生理現象なのですが、その時期適切なケアをしたかどうかによって後で薄毛の度合いが変わってきます。頭皮を良い状態に保つため頑張ってケアしましょう。

 - 薄毛関連情報