【育毛剤ランキング】手遅れになる前に薄毛や抜け毛を改善!

昔からそういうけどそれって本当なの?薄毛に関する迷信いろいろ

   

思い込んでいるだけかも?薄毛についてのあれこれ

昔からいわれている「常識」、実は迷信であることも少なくありません。薄毛に関しても本当なのかなと疑いつつも、事実をはっきりさせずに信じ込んでしまっていることがあるのでは?

加齢とともに多くの人が悩む白髪と薄毛の関係について、白髪が生える人は薄毛にならないと聞いたことがありませんか?白髪が目立ってきた人に対し「良かったね、白髪が先だからハゲないよ」なんて話す人もいます。

でもこの話、医学的な根拠はないようです。白髪になる原因と薄毛になる原因は全然別なもの、薄毛の人にも白髪は生えます。薄毛の人は髪の量が少ないですから目立ちにくく、髪がしっかり生えている人の方が白髪も目立つことから、こういう迷信ができたのかもしれません。

同じヘアスタイルを貫くとハゲる?

同じヘアスタイルにしていると薄毛になるといいますね。これは本当のようです。同じヘアスタイルといえば、女性ならきつく束ねているヘアスタイルを長年続けていると、髪が引っ張られることが刺激となり薄毛になるようです。

男性の場合だと分け目です。ずっと同じ分け目にするということは、頭皮の負担になりますしやっぱり刺激になるものです。長年にわたり同じヘアスタイルのままというのは、それだけ薄毛のリスクが高くなるので、これは迷信ではないということになるでしょう。

日頃のその習慣が薄毛にさせる?

タバコやお酒が薄毛にさせるともいいますね。お酒の方は根拠がないようですが、タバコは迷信ではなく事実のようです。タバコを吸うことで血行が悪くなり抜け毛を増やします。

それから、白髪を抜くと増えるというのもよく聞きますが、これは迷信でしょう。抜けば本数は減りますが増えはしません。それどころか、無理やり抜くことによって毛根が傷つき髪が生えなくなる恐れがありますから、白髪を見つけたからといって抜くのは止めましょう。

昆布やひじきなどの海藻をたくさん食べると薄毛にならないともいいます。気になってきたらせっせと食べれば髪が濃くなるとか。でもこれも迷信のようです。ミネラルたっぷりで体にも髪のためにも摂取したい食品ですが、直接髪を増やす効果はありません。ひたすら海藻ばかり食べるのではなく、栄養バランスを考えて食べることが大切なようです。

 - 薄毛関連情報