【育毛剤ランキング】手遅れになる前に薄毛や抜け毛を改善!

毛深い体質だからハゲやすい?ハゲになりやすい人っているの?

   

薄毛になるかどうかはホルモンの影響も

毛深い人にハゲる人が多いといいますよね。特に胸毛のある男性の場合、若い頃はまだ大丈夫でも年齢と共に頭髪が薄くなり、胸毛はフサフサなのに頭髪はなんとも寂しい状態になることが少なくないようです。

本当に毛深い人はハゲてしまうものなのでしょうか?体毛が濃いということは、それだけ男性ホルモンの分泌量が多いということです。それに対して、頭髪の量は女性ホルモンが関係しており、分泌量が多ければ髪もフサフサになります。

えっ、男性だから女性ホルモンなんかとは無縁では?と思うかもしません。ところが分泌されるんです、男性にも女性ホルモンが。また、女性にも男性ホルモンが分泌されます。男女ともホルモンのバランスにより、毛深くなったり薄毛になったりする可能性があるわけです。

男性ホルモンが多いから必ずハゲるわけではない

男性ホルモンの分泌が多い人ほど体毛は濃くなるようですが、だから必ずハゲるとはいえないんです。男性ホルモンだけでなく、女性ホルモンも多く分泌されていれば。そうなんです、体毛は濃く頭髪もフサフサということになります。

女性の場合、閉経後に頭髪が薄くなることがありますが、これは女性ホルモンの分泌がぐっと減ってしまうからで、男性ホルモンの分泌のほうが優勢になると頭髪は薄くなったのに濃くて太いヒゲや体毛が生えてくるなんてこともあるようです。

女性の薄毛の場合は女性ホルモンを補うことで改善されることもありますが、男性だとそういった対処はしませんよね。でも男性でも女性でもホルモンが原因ではなく、他の理由で薄毛になっている場合があるんです。

生活習慣を見直すことで薄毛を予防・改善できる

毛深い人は薄い人に比べたら、残念ながらハゲやすくはあるようです。しかし、ハゲる原因は他にちゃんとあって、それを改善することで薄毛を防ぐことも可能です。

まず不健康な生活をしていれば、当然元気な髪は生えてきません。頭髪は頭皮に十分な栄養が行き渡らなければ元気に育たないんです。栄養バランスのとれた食事、十分な睡眠、ストレスをうまく発散させる、喫煙をやめるなど、体に良い生活をしていれば頭皮も元気に、そして髪も元気になります。

また、シャンプーが正しく行われていないことも薄毛の原因になります。シャンプーで汚れを落とすことは大切ですが、皮脂を取り過ぎるのは頭皮に負担をかけますし、しっかりとシャンプーを洗い流さず残ったままにするのも良くありません。

努力次第で、毛深くても薄毛にならずにすむ可能性はありますから、頑張りましょう!

 - 薄毛関連情報