【育毛剤ランキング】手遅れになる前に薄毛や抜け毛を改善!

空振りしないように対策する前に知っておこう!抜け毛と薄毛の原因

   

薄毛対策だけでなく予防するためにも知っておこう

最近は男性だけでなく、女性にも抜け毛や薄毛で悩んでいる人が増えているといいます。また、まだハゲる年齢ではないのに早々に薄毛になっている若い男性も多いようです。

薄毛になったから対策しようと、原因をはっきりさせないままであれこれ手を出してムダになることもあります。髪が抜けたり薄毛になったりするのには、ちゃんと原因があり人それぞれ異なります。

原因が一つでないことも考えられますし、対策する前にまず抜け毛と薄毛についてどういう原因で起こるのかを知っておきましょう。そうすることで空振りに終わらず最適な改善方法が見つかるでしょう。

薄毛といえばやっぱり男性型脱毛症

薄毛の原因で最も多いのが男性型脱毛症だといわれてます。これは名前の通り男性に見られる薄毛で、遺伝も関係しているといわれます。

男性ホルモンであるテストステロンが、5‐アルファリダクターゼという酵素によってジヒドロテストステロンに変化することで、髪の成長が止まってしまいます。しっかり成長せず早く抜けてしまうため薄毛になってしまい、それが徐々に範囲を広げていくのでいきなりツルツルになるようなタイプの薄毛ではありません。

一般的には30代に発症しますが、最近では低年齢化が進み10代でも発症することがあるようです。前頭部と頭頂部が薄くなっていくのが特徴です。

心配ない抜け毛と対策したい抜け毛

抜け毛が増えたからといっても、すぐに対策しなくても良い抜け毛もあります。季節が関係した抜け毛です。夏の終わりから秋にかけて、普段より多く髪が抜けることがあるのですが、これは生理的なもので生え変わる時期に当たるものですから様子を見ましょう。

1日に抜ける本数は通常で50本から100本、多い季節で300本くらいまでなら普通です。しかし、季節限定ではなく長期にわたって抜け続けるのならそれは対策しなければなりません。

血行不良で起こっているのかもしれませんし、ストレスが原因になっているのかもしれません。また、頭皮を不潔にして毛穴が皮脂やフケで詰まっているなら、正しくシャンプーする必要があります。

頭皮を健康に保つことは、抜け毛や薄毛の予防にもなりますから清潔にしてマッサージなどを行い血行を良くすることが大切です。

 - 薄毛関連情報