【育毛剤ランキング】手遅れになる前に薄毛や抜け毛を改善!

髪が傷むなら頭皮にもダメージが?パーマやカラーで薄毛になるか

      2016/03/26

若い頃のパーマが薄毛にさせたという人も

若いころ常にパーマをかけていて中年以降すっかり薄毛になってしまい、やっぱりパーマが良くなかったと後悔している人も結構います。パーマ液が悪い影響を与えていたのではないかというのです。

同様にヘアカラーも薬剤を使いますから、あまり頻繁に行うと後で泣くことになると警戒している人もいるようです。本当にパーマやヘアカラーは薄毛になる恐れがあるのでしょうか。

薄毛になる原因の一つには、頭皮環境の悪化もあります。パーマ液、カラーリングの薬剤ともに頭皮には刺激になるものですから、何らかの影響があると考えられますよね。

最近のパーマやカラーはそれほど心配いらない

昔は刺激の強い薬剤を使っていたようですが、最近は技術の進歩で刺激が少なく髪にも頭皮にもダメージを与えにくいものが使われるようになりました。

刺激がある薬剤だとしても、頭皮につかなければ問題ないわけです。美容院でパーマやカラーをやってもらう時、頭皮に付いたらトラブルが起こる可能性がありますが、美容師さんもプロですから細心の注意を払い、もし付いたとしても十分に洗い流してくれるはずです。

ただし、注意したいのはパーマ液やカラーの染料が肌に合わない場合や、その時の体調によって過敏に反応してしまう場合です。かゆみやかぶれを起こしてしまうと、当然頭皮に良くないわけで毛母細胞にまでダメージを与えてしまうことも考えられます。

重要なのはパーマやカラーをした後のケア

パーマやカラーを頻繁に行ったから必ず薄毛になるとは限りませんが、その後のケアが十分でないとそうなる恐れはあるようです。

あまりにも頻繁に期間を空けずパーマやカラーを行ったり、体調が悪いのに行ったりすれば頭皮に良くない影響があります。髪のへのダメージは気にしても頭皮のことはあまり考えていない人も多いようですが、健康な髪のためには頭皮のケアがとても重要です。

ダメージを受けてしまった頭皮にとって良くないこと、例えば紫外線にさらしてしまったり刺激の強いシャンプーを使ったりするなどは、行わないように注意する必要があるでしょう。

 - 薄毛関連情報