【育毛剤ランキング】手遅れになる前に薄毛や抜け毛を改善!

なんだか体にも良さそう?漢方の育毛効果って期待できますか

   

育毛剤にも配合されている漢方

育毛剤の成分を見てみると、中には漢方薬らしい成分が表示されていることもありますよね。漢方では西洋医学のような化学的な薬品とは違い、生薬と呼ばれる植物、動物、鉱物由来の天然の成分を用いて治療を行います。これらの生薬を組み合わせて使われるのが漢方薬です。

漢方薬というと苦くて飲みにくいというイメージがあります。飲んで効果があるのは分かるのですが、塗っても効くというのは意外な感じがするのではないでしょうか。

西洋医学で使われる薬品は即効性があるものが多いのですが、漢方薬は継続して摂取することで体質改善し体調を整えていくものです。

育毛剤として使う漢方薬も、頭皮に付けることで体内に吸収され、体の内側から育毛に働きかけます。

育毛に効果がある生薬は

漢方では生薬を個々に使うのではなく、その症状に合わせてブレンドして治療に使います。より効果が得られるようにブレンドするには、漢方の正しい知識が必要です。それぞれの効能を把握して組み合わせるのですが、相性が悪ければ効果を発揮できないこともあります。

育毛に効果的だといわれる生薬は、血行促進作用のセンブリや保湿効果のあるオタネニンジン、抗炎症作用のカンゾウなどがあります。これらは漢方薬局などで購入してエキスにして使うというよりも、生薬が配合されている育毛剤を使った方が無難ですし、効果が期待できるでしょう。

西洋薬よりも穏やかに効く漢方

漢方は西洋薬よりも肌にダメージを与えにくいといわれています。しかし、絶対に大丈夫とは言い切れませんから、もし異常が起きたら使用するのを中止しましょう。

漢方は悪い所を治すというのではなく、もともと体に備わっている力を引き出すことで体調を改善しようとする医学です。ですから効果がすぐに現れることは少なく、継続して使わないと効果を実感できないかもしれません。

また、使う時は塗布する箇所をキレイにし、浸透しやすいようにすることも大切です。生薬の配合された育毛剤を使う以外にも、睡眠を十分取りバランスの良い食生活を心がけるなど、基本的なことをきちんと守って育毛に励みましょう。

 - 薄毛関連情報