【育毛剤ランキング】手遅れになる前に薄毛や抜け毛を改善!

薄毛になるかは生まれつきの髪質ではなく変化があった時に注意!

   

こういう髪質だから将来ハゲる?

髪質でハゲるかハゲないか、予想ではないですがたぶんそうだよねと思ったことはありませんか。細くて柔らかい髪質だと弱々しいからハゲるだろうとか、太くてしっかりしているからハゲそうにないとか、クセ毛にハゲは少ないとかいいますよね。

けれども、実際に細くて柔らかい髪質だからと行って全ての人がハゲているわけではないし、あれだけ剛毛だったのにすっかりハゲちゃったなんてこともあります。クセ毛の人だって部分的にツルツルしている人もいるんです。

結局のところ、生まれ持った髪質で薄毛になるかどうかは分からないということです。しかし、ある時期から髪質に変化があったというのなら、それは薄毛になる可能性が大いにあります。

えっ、こんな髪質だったっけ?という時は注意

薄毛への階段を上り始めた、と自覚する時の髪質の変化といえばやっぱり細くなった時でしょう。髪が細くなればボリュームがなくなりヘアスタイルも何だか決まらないなと感じるはずです。

また、ストレートだったはずなのに変なクセが出てきたという時も、毛穴の形が変化したことが原因かもしれません。毛穴の形が変化すれば当然生えてくる髪の形も変わります。髪が太くなってくれれば問題ありませんが、まずそんなことはなくて細くなってしまうのが普通でしょう。

髪質の変化は健康な髪でなくなってしまったサインでもありますから、放置せず対策することで薄毛を防ぐことも可能です。

髪質が変化してしまう原因とは

薄毛に向かってしまう髪質になった原因は、頭皮環境の悪化や髪へのダメージ、それに男性型脱毛症(AGA)も考えられます。

頭皮環境の悪化は、不潔にしていることや血行不良、栄養不足などが原因になります。不潔にすれば毛穴もつまりますし炎症を起こしてしまうこともあり、元気な髪が生えてこなくなります。

血行不良と栄養不足、どちらも頭皮に十分な栄養が行き届かないことで髪も育ちにくくなってしまいます。また、強い洗浄力のシャンプーを使ったり髪にダメージを与え続けることで髪質が変化してしまう可能性があります。

また、パーマやヘアカラーなど頻繁に行うことで髪や頭皮ダメージを与え、髪質に変化があり薄毛になるということもあります。

髪質を悪くさせない、薄毛にさせないためには、頭皮や髪をいたわって適切なケアをすること、それにAGAならきちんと治療を受けることが大切ですね。

 - 薄毛関連情報