【育毛剤ランキング】手遅れになる前に薄毛や抜け毛を改善!

髪は女の命!いくつになっても豊かな髪を保ちたいのになぜ薄毛に?

   

男性だけでなく女性も薄毛になる可能性が

女性はハゲない、そう思われていますよね。けれども妊娠出産を経験した女性や更年期に差し掛かった女性、それに無理なダイエットを行ったことがある女性はそうとは限らないということ、知っているんです。

男女とも加齢により、個人差はありますが誰でも髪が細くなったり少なくなったりするものです。でも男性がすっかりツルツルにハゲてしまうことがあるのに、女性で全く髪がない状態の人って見かけることはないですよね。

これは頭髪が女性ホルモンに左右されるためなのですが、その女性ホルモンも一生しっかりと分泌されるわけではなく、体の変化で分泌量も違ってくるんです。だから薄毛になるのも不思議なことではないというわけです。

薄毛が発症するのは更年期を過ぎてからが多い

女性ホルモンの分泌が極端に減ってしまうのは、更年期を迎えた時です。個人差がありますが、人によっては地肌がスケスケになってしまうほど薄毛が進行する場合があります。

男性ほどではないのですが、それでも女性にとっては相当なショックを受けてしまうものです。更年期と同じように、急に薄毛になるのが産後です。妊娠出産とホルモンの量が大きく変動することから、髪が抜ける量もびっくりするほど多くなる人もいます。

過激なダイエットで生理が止まってしまうことがありますが、そういう場合にもホルモンの分泌が乱れるので薄毛になることがあります。

女性に多い冷え症も薄毛の原因に

冷え症を自覚している女性は多いですが、このことも薄毛になる可能性があるので注意です。血行が悪いということは、頭皮にも血液が届きにくいということです。

摂取した栄養は血液によって頭皮の下の毛乳頭に送られ、毛母細胞がそれを吸収して髪が育ちます。血流が悪くなれば栄養も運ばれにくくなり、毛乳頭にも届きません。ですから血流をスムーズにすることは、育毛にとってとても大切なことなんです。

薄毛を防ぎたければ冷え性を改善すること、育毛剤には血流を改善してくれるものもありますから利用してみるのも良いでしょう。

 - 薄毛関連情報