【育毛剤ランキング】手遅れになる前に薄毛や抜け毛を改善!

帽子を被るか被らないか!薄毛にならないためにはどちらを選ぶ?

   

帽子は蒸れる、だからハゲる?

帽子を被ると蒸れることがありますよね。蒸れると頭皮には良くなさそうだし、ハゲたのは帽子を被っていたせいだと思っている人もいるようです。

本当に帽子は薄毛にとって良くない存在なのでしょうか。確かに蒸れるのであれば頭皮には良くありません。汗や分泌された皮脂により雑菌が繁殖すれば頭皮にダメージがあります。

また、蒸れだけでなく締め付けるようなデザインの帽子やサイズの合わない帽子を被ると、血流が悪くなります。頭皮も血行が悪くなって丈夫な髪が生えにくくなり、頭皮や髪を摩擦するような帽子だと毛根にも良くありません。

でも被らないことでダメージを受けることも

帽子を被らないことで頭皮にダメージを受けてしまうこともあります。屋外に出る時は細心の注意を払う人も多くなりましたよね、紫外線の影響です。

髪や頭皮も紫外線の影響を受けます。頭皮も日焼けすると色が濃くなってしまうのですが、普通の肌と同じようにダメージも受けるものです。特に短髪であることが多い男性や薄毛になっている人は、より紫外線の影響を受けるので注意が必要でしょう。

紫外線から頭皮を守るために帽子を被るのは、正解ということになりますね。紫外線だけでなく熱中症予防にもなりますから、夏場は特に帽子を被るべきでしょう。

暑い季節だけでなく寒い冬も帽子を

紫外線の影響だけでなく、屋外に出る時は寒さや乾燥から頭皮を守る必要があります。冬の帽子も薄毛予防になるんです。

頭皮の血行が悪くなることは、薄毛や抜け毛の原因になります。寒い季節、冷たい外気にさらされると血管が収縮します。頭皮の血流が悪くなりますし、冬は空気が乾燥していますから頭皮も乾燥気味になることで、薄毛や抜け毛のリスクが高くなってしまいます。

ですから寒い季節も帽子を被って正解なんです。ただし、冬でも夏でも正しい被り方をしなければ逆効果です。

蒸れない通気性の良い素材を選び、汗をかいたらこまめに拭き、帽子は蒸れて汚れたら洗濯やクリーニングで清潔にすることが大切です。きつく締め付けるようなものやサイズの合わないものは被らないようにしましょう。

 - 薄毛関連情報