【育毛剤ランキング】手遅れになる前に薄毛や抜け毛を改善!

女性だから大丈夫ではない!女性にも薄毛と抜け毛が起こります!

   

女性の薄毛や抜け毛の原因はさまざま

男性はハゲるけれど女性は大丈夫、そう考えていませんか。若い頃は自分が薄毛になるなんて想像もしないかもしれませんが、女性も年齢を重ねていけば抜け毛がひどくなったり薄毛になってしまう可能性もあるんです。

老人性の脱毛症という薄毛の症状があります。これは男性も女性も発症する可能性があり、原因は加齢です。年をとれば誰でも髪の毛が細くなりコシもなくなります。

また、女性ホルモンの影響で抜け毛や薄毛になることもあります。妊娠や出産、閉経によるホルモンの分泌量の変化で、目立つほどの薄毛になってしまう人も多いです。

女性ホルモンの増減でヘアサイクルにも乱れ

女性ホルモンの影響による抜け毛や薄毛で、ショックが大きいといわれているのが「分娩後脱毛症」です。これは出産後一気に髪が抜けてしまったり、髪質が変わって細くて頼りない髪ばかり生えてしまうこともあるようです。

妊娠後期の女性ホルモンの増加、出産後の減少と極端に分泌量が変動するので、髪の変化も極端です。出産後のストレスや育児疲れもあるのに、さらに髪の悩みが加わると精神的に非常に辛いものです。

しかし、これは一時的なもので半年から1年ほどで回復していきます。ですが妊娠出産に関係のない女性ホルモンの乱れ、閉経によるものもありますが、それ以外に深刻な状態になる薄毛もあります。

女性男性型脱毛症ってなに?

近年分かったことですが、女性でも男性型脱毛症を発症することもあるというんです。「女性男性型脱毛症」と呼ばれ、女性なのに男性型?とややこしいのですが、要するに女性ホルモンが減少することによって男性ホルモンが優勢になるため、男性に現れるような症状が出るといいます。

男性ホルモンは実は女性の体にも存在するんですね。女性ホルモンであるエストロゲンがたっぷりと分泌されていれば、男性ホルモンの影響はありません。しかし、更年期に向けてどんどん女性ホルモンが減少しだすと、男性型脱毛症を発症する可能性も増えてしまいます。

治療は男性のような治療薬を使うことができないので、サプリや毛髪再生治療などを行います。

また、極端な食事制限によるダイエットやストレスなどでも、女性ホルモンの分泌は減少し発症することもあります。全く女性ホルモンが分泌されなくなるということはないので、男性のようにすっかりハゲてしまうことはありません。

 - 薄毛関連情報