【育毛剤ランキング】手遅れになる前に薄毛や抜け毛を改善!

痩せているよりも太っている方がハゲやすい?肥満と薄毛の関係とは

   

イメージでは肥満だと薄毛が多そう

失礼な話ですが、太っている人のヘアスタイルというと薄毛やハゲを想像しませんか?日本の成人男性の4人に1人は薄毛に悩んでいるといいます。その人たちがすべて太っているわけではないでしょうけれど、なんとなくそんなイメージを持ってしまいます。

でも実際に、太っている人は薄毛になるリスクが高いのだそうです。もちろん薄毛になる原因はもともとの体質も関係しますし、遺伝である可能性もありますが、標準体形になることでリスクを減らせるならダイエットしてみる価値はありますよね。

太っていると薄毛になる可能性が高い理由

イメージでもそうですが、やはり太っていると皮脂が過剰に分泌されるようです。肥満になるのは通常よりも多く食べているわけですから、脂肪を多く蓄えてしまうし皮脂も多く分泌されてしまいます。そうなると頭皮も皮脂でベタベタ、毛穴が詰まったり炎症を起こしてしまうこともあるでしょう。

また、太っていると体温が高くいつも汗ばんでいるようなイメージがありますが、それは皮下脂肪のせいで熱がこもってしまうから。血行が良いわけではありません。太っていると血流が悪くなり血行不良のため頭皮にも栄養が行き渡らなくなり、髪が生えにくくなってしまいます。

太っていても性格が明るくて、いつでも笑顔でいられるような人はストレスも溜まりませんが、太っていることで体が思うように動かないとか、差別されるなど精神的なストレスを受けると、これもまた髪には良くありません。ストレスは血流を悪くして頭皮の血行不良を起こしてしまいます。

頭皮環境の悪化と体重増加によるリスク

太っていると汗をかきやすいですよね。頭皮にも汗をかき、雑菌が繁殖して不潔になることも薄毛になってしまう原因の一つです。

太っている人は代謝が悪くなっていることもありますし、そういう人の汗は余分なミネラル分が汗となって出るため、ベトベトしてニオイがきつい汗となるようです。いわゆる「悪い汗」なのですが、これもサラッとした汗よりも頭皮環境を悪化させてしまいます。

そしてある研究では、体重増加が薄毛のリスクを高めるということがハッキリと認められています。肥満は髪だけでなくもちろん健康状態も悪化させるのですから、自覚がある人はそれ以上体重が増えないように気を付けるべきでしょう。

 - 薄毛関連情報