【育毛剤ランキング】手遅れになる前に薄毛や抜け毛を改善!

薄毛の原因になる髪型があるとしたら?毛根の負担になるスタイルはダメ

   

この髪型でなければというのは注意

抜け毛が増え薄毛になる原因は、遺伝以外にも環境や生活習慣などもあります。髪型も原因の一つだというのですが、薄毛になりやすい髪型というものが本当にあるのでしょうか。

自分にはこれ以外考えられない、と長期間同じ髪型にしている人もいますよね。分け目も変えず同じ場所で動かさないでいると、そこからハゲてしまうことがあります。

分け目が同じだと、ずっとその部分の髪が同じ方向に引っ張られることになりますし、分け目には紫外線があたりダメージを受け続けることになります。ですから分け目はたまに変えてやる必要があるんです。変えることで毛根にかかる負担を減らすことができるでしょう。

長髪や束ねる髪型も要注意

バレリーナは薄毛になりやすいのだそうです。子供の頃から長く伸ばしてひっつめ髪にしているため、毛根にかなり負担がかかっているのでしょう。男性でも長髪にして束ねている人がいますが、ポニーテールのように引っ張って束ねるのは危険ということになります。

束ねなくても髪に長さがあるのなら、分け目を変えるようにしましょう。オールバックも毎日ではなく、たまには髪を下ろす日を設けると良いでしょう。男性は髪を伸ばしていて生え際が後退してきたなと感じたら、思い切って短く切ってしまうことが薄毛の進行を防ぐことになります。

パーマやスタイリング剤でいつの間にか薄毛に

パーマ液は頭皮にダメージを与えることがあり、頻繁に行うことで髪質が変わってしまうこともあります。頭皮のケアをしっかり行うことで、薄毛になることは避けられるかもしれません。しかし面倒だからと手を抜いて、パーマをやめた時にかなり薄毛が進行していたと気が付くこともあるようです。

毎日スタイリング剤を使う人も注意が必要でしょう。スタイリング剤は頭皮についてしまうと毛穴をふさいでしまい、フケやかゆみなどのトラブルを起こすこともあります。髪を引っ張ったり無理なスタイリングを繰り返すことも、毛根の負担になってしまいます。

スタイリング剤はシャンプーしても落ちにくく、髪や頭皮に残ってしまうこともあります。これはもちろん頭皮に良くありませんし、頑張って落とそうとして洗浄力の強いシャンプーゴシゴシ洗うのも頭皮に負担をかけてしまうものです。

オシャレを楽しむのも良いですが、自分の髪や頭皮が今現在どういう状況にあるのかを把握、必要に応じてケアすることで薄毛を予防することができるでしょう。

 - 薄毛関連情報