【育毛剤ランキング】手遅れになる前に薄毛や抜け毛を改善!

薄毛が進行してしまったら!開き直って気にしないというのもあり?

   

まだまだ大丈夫と過信するのは間違いのもと

薄毛は遺伝によっても起こるといいますよね。今はまだフサフサだけどいずれはハゲてしまうかもしれないと、一応は覚悟しておいたとします。でも薄くなる気配がなければまだ必要ないからと、対策はしないのではないでしょうか。

でも薄毛を防止するための対策は、まだ髪が薄くなる前から始める方が良いんです。髪が細くなってコシがなくなってから行うより、元気な髪を維持できるように努力しておけば将来薄毛にならなくても済むかもしれません。

薄毛が目立つようになったとしても、まだ間に合うでしょう。育毛剤を使ったり病院での治療も効果があるといわれています。薄毛がそれ以上進行しないよう、生活習慣を見直すことでも効果があるかもしれません。

でも薄毛が目立ってきても放置していたら、行くところまで行ってしまう可能性は十分あるでしょう。

薄くても平気という人は多くないかも

自分が対策をしなかったから、すっかりハゲてしまったとします。こんなことならもっと早く手を打つんだった、自分はもうダメだと後悔する人も多いでしょう。いやまだまだ諦めないと、努力を続ける人もいるかもしれません。

結局、自分が薄毛であることを受け入れがたいんですよね。どんなに格好つけても頭がこんなじゃ決まらないとか、周りの人が自分の頭を見て笑っているとか、薄毛であることがコンプレックスになり、何をやるにしても障害になってしまう。日本人は特に薄毛であることを気にするようです。

自分は薄毛ですが何か?と開き直ることができたり、自分の薄毛で笑いもとれちゃうという人は少ないということでしょう。

かっこいいハゲになればいい?

でも周りの人達は薄毛になってしまった本人よりも、薄毛であることを気にしていないらしいのです。嬉しいことに女性の場合は、頭髪の有る無しに関わらずその人間性で好感が持てるかどうか判断することが多いということです。

日本人は薄毛であることを隠そうとする人が多いのですが、海外の薄毛男性は隠さず堂々としていることが多いようです。パッと見てハゲというのが分かってても、なぜかかっこよく見えるのは堂々としている姿と、そのハゲのヘアスタイルが似合っているからではないでしょうか。

最近は日本人でもかっこいい薄毛ヘアにしている人が増えているようです。自分は中身で勝負だと思うことができれば、薄毛も一つのファッションとして堂々と振舞うことができ、より女性に好感を持ってもらえるのかもしれません。

 - 薄毛関連情報