【育毛剤ランキング】手遅れになる前に薄毛や抜け毛を改善!

薄毛・ハゲにも種類がある!原因と特徴を理解し正しくヘアケア

   

薄毛やハゲの種類は大きく分けて5つある

薄毛やハゲ、誰もが同じ原因で同じような状態になるわけではありません。大きく分けて5つの種類があり、ケアの仕方も異なります。

男性型脱毛症には加齢による「壮年性脱毛症」と、20代の早いうちから始まることもある「若年性脱毛症」とがあり、日本人では潜在的に1200万人以上もの人がこの症状が当てはまるといわれています。

遺伝と男性ホルモンの影響が原因となるとされ、症状としては前頭部から頭頂部の髪が徐々に細くなり地肌が透けて見えるようになることが多いようです。

また、男性型脱毛症以外の4つは、男性だけではなく女性にもみられる薄毛です。

男性だけでなく女性にもみられる薄毛の種類

男女関係なくみられる薄毛の一つに「円形脱毛症」もあります。これはストレスが原因になっていることはよく知られているでしょう。髪全体ではなく、一定の部分だけ突然抜け落ちてしまいますが、名前は「円形」ですが必ずしも円形になるとは限らないようです。

脂漏性のフケが毛穴を詰まらせることで頭皮に炎症が起こり、脱毛してしまうのが「脂漏性脱毛」です。また、清潔にしたいからと過度にシャンプーしてしまうことでフケが大量発生し、頭皮環境が悪化することで脱毛してしまう「ひこう性脱毛症」は、最近女性にも多く見られるようになりました。

そして、男性ではなく女性特有の薄毛もあります。「びまん性脱毛症」というもので、頭皮や毛根部の細胞が老化することにで頭髪全体が薄くなっていく症状です。加齢が原因になることが多いのですが、最近では若い女性でもダイエットやストレスが原因で発症するようです。

薄毛の種類が違えばケアも違います

男性型脱毛症は治療薬があり、市販の育毛剤などでもケアすることができます。また、シャンプーが正しく行われず角栓様物質が毛穴をふさぐことも原因になるといわれていますから、毛穴の汚れを除去するよう努めましょう。

円形脱毛症に対するケアは、やはりストレスや過労を避けることが大切ですが免疫機能の異常が疑われる場合もあるので、皮膚科で診察を受けた方が無難でしょう。

脂漏性脱毛やひこう性脱毛は、正しくシャンプーすることで防ぐことが可能です。刺激の少ないシャンプーでフケや汚れを落とすことは大切ですが、洗い過ぎにも注意して優しく洗うようにします。

びまん性脱毛症はマッサージによって防いだり、過度なダイエットを控えることでも発症を抑えることができるでしょう。

 - 薄毛関連情報