【育毛剤ランキング】手遅れになる前に薄毛や抜け毛を改善!

遺伝が原因となる薄毛?男性型脱毛症になるかどうかは母方をチェック

   

父はフサフサ僕はスカスカってどういうこと?

親や兄弟が薄毛だと、今は大丈夫でも将来自分もそうなるのではと心配になりますよね。ハゲは遺伝する、そういう考え方が一般的です。

確かに、成人男性に多く見られる薄毛の男性型脱毛症(AGA)は先天性の遺伝によって発症するといわれています。

しかし、同じ兄弟であっても薄毛になる人とならない人がいますし、中には父親はフサフサなのにまだ若い息子の方がすっかりハゲてしまっている、なんていう例もあるようです。

実は薄毛は母方の家系からの遺伝

男性が薄毛になる可能性があるかどうかは、母方の家系をチェックすると分かるのだそうです。これは男性型脱毛症を発症させる遺伝子が、母方から子や孫に隔世遺伝するからなんです。

男性型脱毛症には男性ホルモンであるジヒドロテストステロンが関係していますが、このジヒドロテストステロンを受けるンドロゲンレセプターという受容体の感受性の高さは、母親から受け継ぐX染色体によって決められます。

子の遺伝子は父親のY染色体と母親のX染色体が合わさってXYの対になりますから、薄毛になる遺伝子は母から子に受け継がれるということになります。

ただ、同じ兄弟でも母親から受け継ぐX染色体が異なることがあり、その場合は男性型脱毛症の発症リスクも異なります。

薄毛になりやすいかは遺伝子検査で分かる

男性型脱毛症のように遺伝によって起こる薄毛は、遺伝子を調べることで可能性を知ることができます。

しかし、それで男性型脱毛症の発症リスクが高いと分かっても、必ず薄毛になるとは限りません。遺伝による影響は100%ではなく、70~80%なんです。

薄毛になるのは遺伝だけでなく、他の環境要因の影響もあるといいます。生活習慣を改めることで薄毛を予防できる可能性があるので、遺伝だからと諦めず頑張ってみる価値があるでしょう。

母方の家系をチェックし男性型脱毛症になるリスクがあるんだなと分かれば、薄毛が始まった時にすぐに適切な治療を受けることもできますね。

 - 薄毛関連情報