【育毛剤ランキング】手遅れになる前に薄毛や抜け毛を改善!

あなたの薄毛はどのタイプですか?原因が異なればハゲ方も違う!

   

日本人に一番多い薄毛のタイプとは

男性にとって自分が薄毛になるかどうかは大きな問題ですね。薄毛になる、ハゲるといってもみんながみんな同じ原因でなるわけではありません。原因が違えばどのような形で薄くなっていくのか、また進行するのか一過性のものなのかも分かれます。

日本人の男性に一番多い薄毛のタイプは、男性型脱毛症(AGA)です。薄毛というとある程度の年齢になってから見られるものだと思うかもしれませんが、男性型脱毛症の場合は20代くらいから発症する人も少なくありません。

男性ホルモンの影響が原因となる薄毛で、急に髪が抜け落ちるのではなく徐々に進行していくのが特徴です。適切な治療を受ければ髪が再び生えてくることもあるので、早目に対処することが大切です。

ある一定の部分だけ抜け落ちる円形脱毛症

髪全体や広い範囲ではなく、ある一定の部分だけ抜け落ちてしまうのが円形脱毛症です。円形といっても必ず丸い形にハゲるわけではないようです。

自分では気がつかないうちにできてしまい、美容院や周りの人に指摘されるなどして気がつくことも多く、発症する原因はストレスであることが多いといわれています。ストレスが原因ならそれが解消することで薄毛も改善されますから、上手に気分転換するなどしてストレスを溜めこまないようにします。

また、ストレスではなく自己免疫疾患が原因の円形脱毛症もあるということですから、体に他の症状があっておかしいなと思ったら医師の診察を受けた方が良いでしょう。

頭皮環境の悪化のせいで薄毛になることも

特別な治療をしなくても、自分の努力で改善することができる薄毛もあります。頭皮環境を整えることです。

頭皮の毛穴に皮脂汚れやホコリなどが詰まってしまうと、頭髪の成長を妨げてしまいます。間違ったシャンプーのやり方で毛穴の汚れが落ちないことも詰まる原因ですが、食生活の乱れによって栄養バランスがとれないことでも皮脂が過剰に分泌されてしまうので、毛穴も詰まりやすくなります。

皮脂汚れをきちんと落とさないと、毛穴をふさぐだけでなく頭皮自体も炎症を起こしたりしてフケが大量に出るなど、さらに毛穴を詰まらせることにもなりかねません。正しくシャンプーして頭皮を清潔に保つことは、薄毛の予防にもなるということです。

このように薄毛にもタイプがありますから、自分がどのタイプなのかを見極めて適切に対処することが効果的な薄毛対策になります。

 - 薄毛関連情報