【育毛剤ランキング】手遅れになる前に薄毛や抜け毛を改善!

栄養が足りないとしっかりした髪は生えない!どんな栄養素が必要?

   

育毛に欠かせない重要な栄養素とは

髪が生える、伸びるというのは、毛母細胞に栄養が行き届くからこそ正常に行われるものです。植物と同じように、栄養が足りなければしっかりとした元気な髪は育ちません。

髪を健やかに育てるための必要不可欠な栄養素、それはどんなものがあるのでしょうか。まず髪の成分であるタンパク質があげられます。次に頭皮環境を正常に整える働きをするビタミン、そしてビタミンの吸収率を上げる亜鉛です。

足りないものは手軽にサプリメントなどの形で摂取することもできますが、普通に食べる食事で補う方が望ましいです。どんなものが育毛に役立つのか、覚えておくと良いでしょう。

良質のたんぱく質を選ぶことも大切

タンパク質は最も育毛に必要な成分です。髪の主成分はタンパク質ですが、口から摂取したタンパク質が体の中でアミノ酸に変わることで髪を生成することができるのです。

でもタンパク質なら何でもOK、というのではなくできれば植物性タンパク質を多めに摂取したほうが体にも髪にも良い結果が出るでしょう。

植物性タンパク質は大豆や大豆製品に多く含まれています。一方動物性のタンパク質には肉や魚、卵があります。植物性と動物性双方をバランスよく食べることが体にとって良いのですが、気を付けたいのは脂肪分の多い肉類です。脂肪分を多く摂り過ぎるとドロドロ血などの血液機能低下を招き、薄毛の原因にもなってしまいます。

頭皮環境を整えるビタミン・亜鉛

頭皮環境を整えることで薄毛を改善させたり元気な髪を育てることができます。そのために摂取したいのがビタミンB2やビタミンB6、そしてビタミンEです。

ビタミンB2が含まれる食品はレバーや青魚、卵、大豆などで、ビタミンB6は肉類、鮭やマグロ、バナナやナッツにも含まれています。ビタミンEは魚介類、ゴマなどに豊富に含まれています。

ビタミンの吸収率を上げる亜鉛は、レバーや牡蠣、魚介類やアーモンドなどに含まれています。こうしてみると、髪に必要な栄養素は魚介類にバランスよく含まれているようです。タンパク質にしても肉類とは違い良質なものですから、髪のために積極的に食べるなら魚介類がオススメということになるかもしれません。

 - 薄毛関連情報