【育毛剤ランキング】手遅れになる前に薄毛や抜け毛を改善!

帽子をかぶると薄毛になる?帽子の下の頭皮環境で結果が分かれる!

   

ヘルメット着用の職業に多い薄毛?

昔からいわれていることですが、ヘルメットを着用する職業に就いている人は薄毛になりやすいと聞いたことがありませんか?危険を伴う現場で仕事をする場合、暑い季節でも一日中かぶりっぱなしでムレて苦労するようですが、このムレが髪に良くない影響を与えているということは、かぶっている本人も自覚しているといいます。

確かに頭皮がムレることは髪の生育にとって良くない環境になり、薄毛の原因にもなります。それまで薄毛でなかった人も、ヘルメットをかぶるようになってから薄毛になってしまったということはよくあることのようです。

頭皮のムレが良くないのなら、ヘルメットだけでなく帽子の場合も注意が必要でしょう。陽射しを避ける目的、ファッション、それに薄毛を隠すために年中帽子をかぶっている人もいますよね。ムレも感じることがあると思いますが、この帽子も本当はかぶらないほうが良いのでしょうか?

髪のためには帽子をかぶらない方が良い?

薄毛予防、あるいはこれ以上薄毛を進行させないために、帽子をかぶるのは止めた方が良いのでしょうか。結論から言ってしまえば、かぶっていてもOK。というより、かぶっていた方が良い場合もあります。

ただし帽子のかぶり方に注意が必要で、間違ったかぶり方をしてしまえば薄毛になる原因になってしまいます。帽子を正しくかぶるには、頭皮に良い環境であるかどうかを考えなければなりません。

もちろんムレには注意が必要ですし、汗で帽子が湿った状態だと雑菌が繁殖して良くありません。また、きつめの帽子だと血行が悪くなり、これも髪の生育には良くない影響を与えてしまいます。

帽子をかぶることのメリット

帽子をかぶることでメリットもあります。紫外線から頭皮を守ることもその一つです。そもそも帽子は陽射しから頭部を守るという目的でかぶることもあり、紫外線を浴びないようにするには帽子をかぶるべきなんです。

紫外線は頭皮にも髪にも毛根にも良くない影響がありますから、外出する時はかぶった方が良いでしょう。また、寒い季節には防寒の役目を果たし、血行不良を防ぐためにも帽子は役立ちます。

「帽子をかぶると薄毛になる」というのは間違ったかぶり方をした場合で、正しくかぶれば薄毛防止になるということです。ヘルメットを着用しなければならない人も、こまめに外してムレないように心がけ、汗をかいたら拭き取るなどして頭皮を守れば薄毛の進行をいくらか抑えられるのではないでしょうか。

 - 薄毛関連情報