【育毛剤ランキング】手遅れになる前に薄毛や抜け毛を改善!

薄毛の改善にはシャンプーが重要!でも洗えば洗うほど良いというのはウソ

   

薄毛の原因になる皮脂をしっかり落とすのは?

頭皮の毛穴につまった皮脂汚れが抜け毛の原因になり、薄毛を進行させると聞いたことがありませんか。拡大した髪の根元の写真で、毛穴の周りに汚れが詰まっているのを見ると、自分もそうなのかもしれないとシャンプーに熱が入ってしまうこともあるでしょう。

薄毛対策用の育毛シャンプーや頭皮ケアができるシャンプーを使い、1日に何度も洗って毛穴をスッキリさせる。気持ちが良いしこれでもう大丈夫だと満足するかもしれませんが、これは間違ったケアのようなんです。

確かに皮脂汚れをそのままにしておくことは育毛の妨げになります。しかし、頭皮にとって皮脂はある程度必要なもの、なければ逆に抜け毛を増やしてしまう恐れもあります。

皮脂の果たす役割とは

皮脂をすっかり取り除いてしまうと、頭皮は乾燥してしまいます。頭皮が適度に湿度を保っていないと、元気な髪が育たずに抜け毛も増えてしまうんです。

必要なものだから分泌される皮脂です。その証拠に皮脂をしっかりと落としきるような洗い方をすると、失った分を補わなければと体が反応して必要以上に皮脂を分泌させてしまいます。

そこでまたムキになってシャンプーすると頭皮はダメージを受けてしまい、育毛どころではなくなってしまうでしょう。

皮脂は落とし過ぎずに洗う、そのためにはシャンプーは1日1回で十分、というよりも1日1回までにしておきましょう。

正しくシャンプーして正しく乾かすこと!

いくら効果の高いシャンプーでも、洗い方を間違っていればその効果を十分に発揮することはできないでしょう。

シャンプー液を付ける前に、しっかりと予洗いしましょう。お湯のみで流すだけでも、髪や頭皮に付いた汚れの7割を落とすことができるといわれています。こうすればシャンプー液を余分に使わなくても十分泡立ち、汚れもスッキリ落とすことができるでしょう。

すすぎは念入りに、シャンプー液が残らないようにしっかりと行います。コンディショナーやトリートメントを使う場合、頭皮に付かないように注意することが大切ですが、すすぎもシャンプーと同じようにしっかりと行いましょう。

そしてシャンプー後の乾燥は、自然乾燥ではなくぬるめのドライヤーで手早く乾かします。濡れたままにしておくと頭皮の血行が悪くなります。雑菌が繁殖したり髪も擦れてダメージを受けますから、シャンプー後はなるべく早いうちに乾燥させ、頭皮を健やかに保ちましょう。

 - 薄毛関連情報