【育毛剤ランキング】手遅れになる前に薄毛や抜け毛を改善!

雨が降ってきたら頭を守れ?雨にあたるとハゲるって本当ですか

   

雨の成分が髪に影響するのでしょうか?

雨が降ってきたら頭部が濡れないように注意しないと、薄毛になる、ハゲると聞いたことがあるのではないでしょうか。これは昔からよくいわれてきたことですが、どうも迷信のようです。

雨に含まれる有害な成分が影響するのではと心配して、こういった迷信が生まれたのかもしれません。日本国内でも昔は公害の影響で大気が汚染されて体に害を及ぼし、問題になっていた時期もありますし、近年では酸性雨の影響を気にする人も多いようです。

最近問題になっている酸性雨は、結局大気汚染が原因となり元々は弱酸性の雨が酸性に変化したものです。海外のニュース映像などで酸性雨によって溶けたように変質している銅像などが映し出されると、やはり悪い影響がありそうだと思ってしまいますよね。

日本国内ではそれほど酸性雨を心配しなくてもOK

確かに強い酸性の雨を浴びれば皮膚もダメージを受けるでしょう。ハゲるなんてものじゃなく、強烈な刺激として頭皮を直撃し恐ろしい結果になることも考えられます。

実際に海外では森林を枯らしてしまうほどの酸性雨が降ったといいますが、日本国内ではそれほど強い酸性雨が降ったという記録はありません。

今のところ日本においては、雨の成分が頭皮に影響を与え薄毛になったりハゲたりする可能性は低いようです。しかし、それ以外に雨に濡れてはいけない理由があったのです。

濡れたまま放置することが問題になる

雨に濡れたからといって、すぐに髪を洗えるとは限りませんよね。外出先ならちゃんと乾かすこともできないし、たぶん放置するしかないのでは?

髪を濡れたままの状態しておけば、頭皮が冷えて血行が悪くなります。頭皮の血行が悪くなると髪の生育を妨げ、薄毛や抜け毛の原因にもなります。また、雨にあたるのは屋外に出ている時ですから、髪も頭皮も皮脂やホコリで汚れた状態でしょう。

そんな汚れた頭部を濡らして蒸れた状態にしてしまえば、雑菌が繁殖しこれもまた頭皮環境を悪化させてしまうのです。ですから雨に濡れてしまった場合はできるだけ早く洗い、ドライヤーを使ってキチンと乾かすことが大切でしょう。

雨の成分にビクビクするのではなく、濡れた後のケアに気を付けなければなりません。結局は薄毛になるリスクを減らすため、なるべく雨に濡れないよう注意したほうが良いということでしょう。

 - 薄毛関連情報