【育毛剤ランキング】手遅れになる前に薄毛や抜け毛を改善!

同じアジア人でもハゲは日本がダントツ!日本人男性は4分の1が薄毛?

   

日本人の26%、その中にあなたは入っていますか?

薄毛になるかならないか、どのくらいの割合でハゲが存在するのか。世界各国での調査結果というものがあります。程度の差こそありますが、誰でも年をとれば毛髪も痩せて弱々しくなってしまうものです。

しかし、ハゲと確認されてしまうのは悲しいものですよね。誰もが目立った薄毛になるのではなく、なんとかセーフという人もいて、日本人にはいったいどのくらいの割合で薄毛の人が存在するのでしょうか。

ズバリ、日本人の26%が薄毛であるといわれています。4分の1、これが多いか少ないかは何ともいえませんが、その4分の1に入りたくない、できれば入りたくなかったと思う人が多いのではないでしょうか。

中国や韓国よりもハゲる率が高い日本人

日本の薄毛率は世界の中で14位、アジアの中では最も薄毛の割合が多い国なんだそうです。同じアジア人でどことなく似ている中国人や韓国人は、ここまで薄毛率が高くはありません。

なぜ差が出るのか、これは食生活や環境が異なるためだといわれています。まず中国人、食生活で日本人との差を考えてみると、食事の時の烏龍茶にあるのだとか。中国では油脂を大量に使った食べ物が多いのですが、烏龍茶を食事の時に欠かさず飲むことにより脂肪が分解され体に脂肪がたまりにくいといわれています。

脂肪分解酵素は血液もサラサラにしてくれますから、毛母細胞に栄養が行き渡るようになり髪もフサフサしている人が多いのでしょう。また、韓国人の唐辛子の摂取量は非常に多いのですが、唐辛子に含まれるカプサイシンも育毛に効果があるといわれていますから、韓国にもフサフサの成人男性が比較的多いのではないでしょうか。

なぜ日本人に薄毛が多いのだろうか?

日本人の薄毛率は14位ですが、上には上がいるということですよね。1位はチェコ、2位はスペイン、3位はドイツとなっていますが、この上位3か国に共通しているのは油脂が多く摂取し肉類を多食しているということのようです。

野菜をあまり食べず肉を多く食べ、脂肪分や塩分の強い食生活は当然バランスが悪く頭皮にいい影響を与えません。日本人も近年では食生活が乱れているといわれていますが、そこまで偏ってはいないでしょう。

とすると、原因は食生活以外にもあるはずで、例えば睡眠不足や過労、ストレスなども関係しているようです。薄毛は遺伝も関係しているといわれていますが、生活習慣を変えれば薄毛を防ぐことも可能なのかもしれません。

 - 薄毛関連情報