【育毛剤ランキング】手遅れになる前に薄毛や抜け毛を改善!

AGAは遺伝する?薄毛になるのが運命だとしたら悲しいじゃないですか

   

ハゲは遺伝するといいますよね

父親も祖父も兄弟も、みんな薄毛だったらやっぱり自分も?と思ってしまいますよね。ハゲが遺伝するというのは一般的な考え方で、実際にそういう家族は多く見られます。

髪が薄くなる原因は一つではなく、遺伝とは関係なさそうな薄毛もあります。例えば円形脱毛症や、頭皮に炎症を起こして毛穴がふさがったために起こる薄毛などです。こういった薄毛は一時的なものであることが多く、治療したり薄毛の原因が取り除かれることで改善します。

遺伝が関係していると思われる薄毛で深刻なもの、といえばAGA(男性型脱毛症)ではないでしょうか。加齢による薄毛とは違いまだ若いうちから始まり、どんどん進行していく薄毛。これは本当に遺伝が関係して発症するのでしょうか?

遺伝子検査で分かってしまう?

はっきりいうとAGAは遺伝と関係があるようです。遺伝子検査によって将来薄毛になるか、AGAを発症する恐れがあるかを知ることができるといわれています。

AGAを発症させる遺伝子は、母方から受け継ぐのだそうです。母方にAGAを発症させるリスクが高い遺伝子があれば、その子供はAGAになる可能性があるということになります。

ただし、同じ両親から生まれた兄弟でも受け継ぐ染色体が異なることもあり、AGA遺伝子を受け継がない場合もありますから発症リスクも異なるのです。

AGA遺伝子を持っているかどうか、最近では検査によって分かるようになりました。

ただし必ず薄毛になるわけじゃない

受け継ぐ遺伝子によって薄毛になるかが決まり、同じ兄弟でも明暗が分かれるなんてショックですよね。でも、薄毛になる可能性があるだけで決定ではありません。

実は遺伝による影響は70~80パーセントで、100ではありません。それに、薄毛になるかどうかは生活習慣など環境が大きく関わっています。ですから、努力すれば髪を維持できる可能性はあるということになります。

AGAは早目に対策しておくことで予防でき、進行を食い止められる可能性があります。遺伝子検査をして薄毛になる前から対策を行うのも良いですし、母方の親族に薄毛の人が多いかどうかもチェックしておくと、心構えができるのではないでしょうか。

 - 薄毛関連情報