【育毛剤ランキング】手遅れになる前に薄毛や抜け毛を改善!

悩みのタネ!気になる抜け毛と白髪の原因はもしかしたら亜鉛不足かも?

   

栄養不足で髪が元気をなくすことも

抜け毛や白髪が増えてくると、自分ももう年なのかとガックリくる人もいるでしょう。でもこういった加齢が原因だと思える髪の変化は、実は別の理由で起こっているのかもしれません。

老化というにはまだ早い年齢の人でも、抜け毛や白髪が気になってくることがあります。原因はいろいろ考えられますが、栄養不足である可能性もあります。

健康な髪が育つために必要な栄養の一つに、亜鉛があります。亜鉛はどんな食べ物に含まれていて、どんな働きをする成分なのかあまり知られていないのではないでしょうか。

ミネラルの一種である亜鉛

亜鉛は体に不可欠なミネラルの一種です。不足すると味覚障害を起こしたり、皮膚炎や口内炎を発症しやすくなり、傷が治りにくいなどの影響があります。

また、亜鉛不足は新陳代謝を低下させます。髪を作る成分のタンパク質をたっぷり摂っても、亜鉛が不足していると髪が健康に育たず抜け毛や薄毛、白髪になってしまいます。

必要な分は毎日しっかり摂りたい亜鉛ですが、飲酒や喫煙、ストレスなどで消費されてしまうことが多く、不足しがちになっているといわれています。

抜け毛や白髪の原因が亜鉛不足かどうか、自分で判断するのは難しいかもしれません。他に肌荒れがひどくなったり、爪に白い点や線があるかどうか、傷が治りにくくなったなどの症状があれば、亜鉛不足の恐れがあります。

亜鉛を含む食べ物

亜鉛の一日の摂取量目安は、厚生労働省では3~15mgとされています。性別や年齢によって異なるのですが、上限量は30mgで100mgを超えると健康に問題が起こる可能性があるといわれています。

亜鉛を含む食品は、牡蠣、レバー、うなぎ、卵黄など「精がつく」といわれる食べ物に多いようです。また、納豆やそば粉、海苔やピーナッツ、アーモンドなど植物性のものにも含まれています。

亜鉛が含まれた食品を毎日食べることが難しかったら、サプリメントで手軽に摂取することもできます。ただ、その際注意しなければならないの摂取量です。上限30mgを超えないよう適量を守って摂取しましょう。

 - 薄毛関連情報