【育毛剤ランキング】手遅れになる前に薄毛や抜け毛を改善!

若ハゲだから育毛剤は効果なし?薄毛のタイプが分かれば大丈夫!

   

悲惨な若ハゲに打つ手はないの?

中高年になれば薄毛になってもごく自然な事ですが、20代から薄くなり始め気が付いたら「若ハゲ」状態、年齢よりもずっと老けて見えるため婚活にも支障があると悩んでいる人も多いようです。

薄毛への変化がゆるやかで、抜け毛が増えてきたとか細くコシがなくなってきた程度ならまだいいのですが、気持ち良いくらいすっかり地肌が見えてしまっていたり、ヘアスタイルを作るどころではない大変な事態になっている人もいます。

そういった若ハゲには、市販の育毛剤を使っても効果がみられないといわれることが多いようです。これは本当なのでしょうか。

ハゲにもタイプがありそれに合った育毛剤を

薄毛になる原因は人によって違うことがあり、育毛剤もその原因に合わせた配合でなければ効果が現れにくいようです。加齢によっても起こる血行不良や頭皮の状態が悪化して髪が育ちにくくなっている場合は、血行を促進し頭皮の状態を改善して髪に栄養を与えるような成分が配合された育毛剤が効果的ですが、そういうタイプの育毛剤では効果がない人も中にはいます。

それは男性ホルモンが影響している薄毛です。AGA(男性型脱毛症)である場合、男性ホルモンを抑制することができない育毛剤では効果がありません。若ハゲはこのAGAが原因となっていることが多く、対応できる育毛剤を使っていないために効果がないと思わるのでしょう。

AGAが原因で薄毛になっているかどうかは、病院で診察してもらえばわかりますし有効な治療を受けることができます。最近ではAGA向けのミノキシジルが配合された育毛剤も、薬局やドラッグストアで手に入るようになりました。

育毛剤だけでなく生活習慣を見直してみよう

若ハゲにも効果的なプロペシアやミノキシジルを使用することで抜け毛は減少する可能性がありますが、それだけではなく髪が生えやすい環境を整えることでより元気でしっかりとした髪を発毛させます。

頭皮の状態を良くすることはもちろんですが、不規則な生活や偏った食生活では髪を育てるための栄養がしっかりと行き届かなくなります。

20代くらいだと結構無茶な生活をしてしまいがちですが、先々の事を考えると早いうちから健康的な生活を送っておいた方が、後で後悔せずに済むでしょう。若ハゲは体質だと開き直るよりも、髪が育ちやすい体質に改善する努力をしてみませんか。

 - 絶対に髪を生やすための育毛に関する薄毛・抜け毛に関するコラム