【育毛剤ランキング】手遅れになる前に薄毛や抜け毛を改善!

ヒゲや体毛が濃いと絶対薄毛になる?よく聞くけどそれって本当?

   

ヒゲや体毛が濃いから将来が不安?

将来薄毛になるかどうかは、ヒゲや体毛の濃さで決まると聞いたことがありませんか?ヒゲが濃い、体毛が濃いからそっちに栄養を取られて頭髪が薄くなるだとか、体毛が濃いのは男性ホルモンが多いからその影響があるだとか、真偽は分からないけれど体毛が多い男性を見ると将来はハゲるなといった目で見てしまうのです。

男性ホルモンが多く分泌されているからハゲる、というのはAGA(男性型脱毛症)の原因が男性ホルモンと関係しているということからそう考えられているのかもしれません。

また、日本人では胸毛が生えてる人の割合はそれほど多くないと思いますが、胸毛が生えている人は頭髪が薄いことが多いようです。

実際の男性ホルモンと薄毛の関係は

AGAの原因は、男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼという酵素によりジヒドロテストステロンに変わることが理由だとされています。ジヒドロテストステロンは皮脂腺を活性化させ、皮脂の分泌量が増加するために頭皮環境が悪化して薄毛になってしまうのです。

また、テストステロンは男性らしい体つきに成長させるホルモンであり、このテストステロンが多いほど男性らしい特徴がより強く表れます。

ヒゲや体毛の濃さもこのテストステロンの影響を受けますから、人並み以上に体毛が濃い場合はテストステロンもより多いと考えられます。ところが、実際に血液中のテストステロンの量を調べてみると、体毛が濃い薄いに関係なくほとんど量に違いがないということです。

毛深いのはホルモンの量が多いからではなかった

テストステロンの影響は、量ではなくホルモンの受容器官に対する感受性が関係しているようです。同様にジヒドロテストステロンに変化する割合、皮脂腺に及ぼす影響もホルモンの量だけで決まるわけではないということです。

このことから、体毛やヒゲが濃いからといって必ず薄毛になるとは言い切れないということになります。しかし、実際に体毛が多い人が薄毛になっている確率は高そうだし、何となく納得できない所があります。

この男性ホルモンと薄毛の関係はまだ解明されていないナゾの部分が多く、ハッキリした結果は今後明らかにされるのを待つしかないようです。

 - 絶対に髪を生やすための育毛に関する薄毛・抜け毛に関するコラム