【育毛剤ランキング】手遅れになる前に薄毛や抜け毛を改善!

良いストレス悪いストレス!毛髪に良くないのは悪いストレスです

   

あなたのそれ、良いストレスですか?

ストレスを感じている、受けている状態というと精神的にも肉体的にも良くない影響があると思われています。しかし、ストレスにも良いストレスと悪いストレスがあるといいます。「快ストレス」と「不快ストレス」があるんです。

生活していく上でストレスが全くない状態にすることはかなり難しい、ほぼ不可能ではないかといわれています。ストレスには温度や音、臭気などの物理的化学的なもの、過労やウィルス、細菌などによる生理的なもの、それにもっともストレスらしいストレスである人間関係や不安感からくる社会的、心理的なものがあります。

どのストレスもできれば勘弁してもらいたいと思うでしょう。しかし、ストレスの中には自分のプラスになる「快ストレス」も存在します。快ストレスとは、やる気を起こさせてくれたり自分にとって良い刺激となるものです。

不快ストレスによって引き起こされる問題

ストレスを受けると身体の不調となって現れるものですが、多くの人に経験があるのは胃痛でしょうか。悩んだりイライラすることによってキリキリと痛んで食欲もなくなり、胃薬が手放せないという人もいるようです。

不眠や肌荒れなども起こりやすいですが、こういった症状はそのストレスが解消することによって軽減するもので、それほど深刻ではない場合も多いのです。

しかし、ストレスが自律神経のバランスを崩してしまうと血管に影響を与え心筋梗塞や脳梗塞を引き起すなど、深刻な病気にかかってしまう恐れもあります。免疫力も低下するので感染症に罹りやすくもなります。

また、ストレスは毛髪にも悪い影響を与えます。抜け毛や薄毛、白髪などはストレスを受けることで急激に状態が悪くなることも少なくありません。

ストレスをゼロにすることはできないけれど

不快ストレスを全く受けないようにすることは難しいのですが、快ストレスに変えてしまうことは可能らしいです。多少の障害がある方がやる気が起こる、頑張れるというのが人間なのだそうです。

不快ストレスと快ストレス、どちらなのかを決めるのは自分。苦労した分、成し遂げた時にはこの上ない達成感があると分かっているなら頑張れるものです。ストレスも心地よい緊張感や刺激になると気持ちを切り替え、快ストレスにしてしまえば自分にとってプラスになるでしょう。

ストレスで抜け毛や白髪が気になる時、気持ちを切り替えることで良い変化が現れるのかもしれません。

 - 絶対に髪を生やすための育毛に関する薄毛・抜け毛に関するコラム