【育毛剤ランキング】手遅れになる前に薄毛や抜け毛を改善!

養毛剤と育毛剤と発毛剤!ちゃんと知ってる?違いや効果や副作用

   

あなたの薄毛はどの程度?それによって選んでみよう

薄毛や抜け毛対策に使うものとして、養毛剤、育毛剤、発毛剤の3種類に分かれているのですが、どれがどう違うのか分からず適当に使っている人もいるのではないでしょうか。これらは今あるものを維持するのか、少なくなってきたから維持しつつ増やしたいのか、生えなくなったから復活させたいのか、それによって使い分けることで効果を実感することができます。

また、医薬品を使う場合はその副作用についても知っておく必要があります。医薬品は医薬部外品やケア用品よりもはっきりとした効果が現れるものですが、その分体への負担や刺激を受ける可能性があり使用方法を守って正しく使わなければなりません。

抜け毛を防ぐための養毛剤と成長を促す育毛剤

養毛剤は今生えている髪と頭皮の状態を改善する効果があります。髪が細くなったり抜けてしまうのは、頭皮のコンディションが悪くなることで髪が不健康になってしまうため起こります。頭皮や髪の健康状態を高めて栄養を補い、抜け毛予防になるのが養毛剤です。

育毛剤は髪は生えているけど細くて頼りない、抜けてしまって育ちにくいといった悩みのある人にオススメです。読んで字のごとく「毛を育てる、育む」効果のある育毛剤。髪や頭皮、それに毛根にも働きかけて抜け毛を防ぎ、しっかりとした健康な髪に育てます。

養毛剤は化粧品であるヘアケア用品に分類され、育毛剤は効果や効能が認められた成分が配合されている医薬部外品です。どちらも医薬品のような副作用の心配はなく、気軽に使うことができるようです。この2つは今生えている髪があってこそ効果が現れるのですから、すっかり抜け落ちてしまった場合には使っても変化は期待できないでしょう。

抜け落ちてしまった場合の治療である発毛剤

発毛剤は抜け落ちてしまった髪を再び発毛させるための医薬品で、日本国内で発毛剤と認められている薬は「フィナステリド」が主成分のプロペシアと「ミノキシジル」が主成分のリアップという市販薬です。リアップは一般の薬局、ドラッグストアなどで購入できますが、プロペシアは医師の処方箋がないと手に入れることができません。

どちらも医薬品ですから効果は医学的に証明されていますが、副作用が起こる事もあり決められた使用方法を守らないのは危険です。個人差もありますがもし使用して異常があった場合には、使用を中止し医師の診察を受けるようにしましょう。

 - 絶対に髪を生やすための育毛に関する薄毛・抜け毛に関するコラム