【育毛剤ランキング】手遅れになる前に薄毛や抜け毛を改善!

それは薄毛になる予兆?それとも病気?髪のシグナルに注意しよう!

   

髪は生えてて当たり前ではない!

遺伝などから将来薄毛になる可能性があるとしても、目に見えた変化がなければ対策しないという人も多いのではないでしょうか。しかし髪が薄くなってからやっと対策をし始めても、その時ではやった分の効果が現れにくいこともあります。

手遅れというわけではありませんが、より効果が出る早い段階で手を打った方が良いわけで、そのためには薄毛の始まりをキャッチする必要があります。自分の髪が出すシグナルをきちんとキャッチしましょう。

また、自分は薄毛とは無縁だと思っている人でも何かのきっかけで薄毛が始まらないとも限りません。過信は禁物、自分の髪や頭皮を観察しいつでも薄毛対策できるよう心の準備をしておいた方が良いでしょう。

髪や頭皮が出すシグナル

個人差もありますが頭髪の数は約10万本あるとされ、1平方cm当たり150本生えているといわれています。そして健康な状態であればひとつの毛穴からは1本だけでなく2本から4本も生えているのが普通です。

ところが薄毛になってくると当然1平方cm当たりの本数は減りますし、複数ではなく1本だけしか生えていない毛穴の数も多くなってしまいます。髪も細く柔らかくなってしまうためボリュームダウンして薄くなったことに気が付きます。

毛穴を観察することは普段はあまりないと思いますが、デジカメや携帯カメラで撮影してみて毛穴が大きく開いたような状態で、その割に生えている髪が細すぎると感じるなら、それも薄毛シグナルである可能性が高いです。

髪の変化は病気のせいかもしれない

加齢やAGAなどの薄毛ではなく、病気によって薄毛や脱毛が起こる場合もあります。円形脱毛症などある部分だけ全く生えなくなるような症状は強いストレスを受けている時に起こりやすいようです。

甲状腺機能低下症という病気の場合も脱毛が起こります。甲状腺ホルモンは髪を成長させる働きをしますが、この機能が低下することにより病的な脱毛を起こしてしまいます。

明らかに病的な薄毛や脱毛は早めに医師の診察を受けることが大切です。不規則な生活によっても脱毛や薄毛が起こる可能性がありますから、もしかしたら薄毛のシグナルではと感じたら生活習慣を見直すことも効果的でしょう。

 - 絶対に髪を生やすための育毛に関する薄毛・抜け毛に関するコラム