【育毛剤ランキング】手遅れになる前に薄毛や抜け毛を改善!

整髪料で薄毛が進む?髪や頭皮に与える影響大いにあるから注意!

   

セットは決まるけれど実はこんな影響が

ワックスやジェル、スプレーなどの整髪料で髪を整えることが当たり前になっている人は多いですよね。薄毛の人でもそれなりに格好よく見せることができるので重宝するようです。

しかし、そんな整髪料で抜け毛や薄毛が促進される恐れがあるというんです。整髪料に使われている成分は髪や頭皮にとって良い効果があるものばかりではなく、使い方によっては抜け毛や薄毛だけではなく、頭皮が炎症を起こしたり髪がパサパサに傷んでしまうことがあります。

その時のヘアスタイルが決まっても、髪や頭皮へのダメージが蓄積されることで後になって後悔することになるかもしれませんから、どんな成分がどのように影響を与えるのかや正しい使い方を知っておくべきでしょう。

整髪料を使うことによって起こるトラブル

毎日整髪料を使っていることで髪の傷み方が激しいと感じる人もいるのではないでしょうか。これは整髪料に含まれている界面活性剤が影響しているからかもしれません。

界面活性剤は整髪料だけでなく、シャンプーやリンス、ボディーソープ、洗濯洗剤や台所洗剤など身の回りの家庭用品に幅広く使われています。整髪料を含むヘアケア用品に配合すると、髪は柔軟で滑らかになり傷んだ髪でも美しく見せてくれます。

しかし、その反面では髪のタンパク質を変容させてしまうので、キレ毛や抜け毛、薄毛の原因になってしまうのです。髪だけでなく頭皮に付着するとかゆみやフケの原因となることがありますし、さらに体内に浸透すると毛母細胞を弱らせたり肝臓にまで悪影響を及ぼすことがあります。

整髪料はなるべく頭皮に付けない!残さない!

成分である界面活性剤だけでなく、整髪料そのものが頭皮に付着することは様々なトラブルを引き起こしてしまいます。粘着力の強い整髪料はスタイリングの維持に便利なのですが、その粘着力が仇となり頭皮や髪にホコリなどがくっついてしまうことで毛穴が詰まってしまうのです。

毛穴が詰まれば健康な髪が育ちにくくなり、抜け毛や薄毛の原因になります。厄介なことに整髪料の中には普通のシャンプーでは落ちにくいものがあり、頭皮の汚れ毛穴の詰まりが完全に落とせないこともあるので、しっかり落とせるクレンジングシャンプーなどでケアする必要があります。

ただし、強く洗い過ぎることは皮脂を落とし過ぎ頭皮にダメージを与える恐れがあります。皮脂を落とし過ぎないように洗うことが大切ですが、整髪料も過剰につけすぎることは避け、頭皮にもなるべくつけないようにし汚れが落ちやすいようにしましょう。

 - 絶対に髪を生やすための育毛に関する薄毛・抜け毛に関するコラム