【育毛剤ランキング】手遅れになる前に薄毛や抜け毛を改善!

抜けて伸びるを繰り返すヘアサイクルって育毛に何か関係がある?

   

生えて抜け落ちるまでの毛髪の一生がヘアサイクル

毛髪は他の体毛よりも長く伸び続けますが、それでも時が来れば抜け落ちてしまいます。でも、抜け落ちてもその毛穴からは再び発毛し伸びていきます。この発毛してから抜け落ちるまでの周期を「ヘアサイクル」と呼びます。

1サイクルの目安、つまり1本の毛髪が発毛してから抜け落ちるまでの期間は男女で差があります。男性は3~5年、女性は4~6年だといわれています。毛髪は常に成長しているわけではなく、成長期、退行期、休止期を繰り返し行っています。

成長期は2~6年間で、毛髪全体の90%程がこの成長期だといわれています。成長が弱まる退行期は2~3週間、休止期に移行する過程で毛髪全体の1%程です。休止期は3か月、成長が完全に休止する時期で毛髪全体の10%程だといわれています。

ヘアサイクルはそれぞれ違うので薄毛の心配はない

毛髪が休止期に入るとそこが薄毛になるのではと心配になりますが、それぞれが異なったサイクルなので大丈夫です。退行期や休止期に当たる毛髪は抜けやすくなっているため、シャンプーをしたりブラッシングによって簡単に抜けてしまいます。

シャンプーの時排水口に溜まる抜け毛に大丈夫かなと感じる人もいるようですが、1日に自然に抜けてしまう髪は50本から100本が普通で、毛髪全体の数は10万本といわれていますからそれほど神経質にならなくても良いようです。

しかし、通常よりも短い抜け毛が多くなってきたらヘアサイクルが乱れているかもしれません。このような抜け毛が増えるのは薄毛になる可能性があります。加齢によって薄毛になることは誰にでもありうることですが、その他に原因があるかもしれません。

ヘアサイクルの乱れが薄毛の原因に

へアサイクルが乱れることで毛母細胞が休止したままになると薄毛になってしまいます。ヘアサイクルを乱す原因になることは、男性型脱毛症(AGA)や生活習慣の乱れ、バランスの悪い食生活、頭皮の状態が悪化している、血行不良などがあります。

男性型脱毛症は医療機関で薬を処方してもらえますし、一般の薬局で手に入る薬もあります。規則正しい生活をすることは、睡眠が十分とれてストレスも溜まりにくく毛母細胞も活発に働くことができます。

加齢による薄毛は血行不良も原因の一つですが、加齢でなくても日頃から体が冷えやすい、運動する習慣がないなどで血流が悪くなっているならヘアサイクルが乱れる可能性があります。薄毛対策に育毛剤を使うのも有効ですが、生活習慣を正すことも重要でしょう。

 - 絶対に髪を生やすための育毛に関する薄毛・抜け毛に関するコラム