【育毛剤ランキング】手遅れになる前に薄毛や抜け毛を改善!

見渡せば身の回りのあちこちに!界面活性剤って使うとダメなの?

   

あれにもこれにも使われていて界面活性剤だらけ

界面活性剤が含まれているものは使わないほうが良い、そう聞いたことはありませんか?人体にも環境にも害があるというのです。そうはいっても、身の回りには界面活性剤が含まれているものがゴロゴロしているんです。

シャンプー、台所や洗濯に使用する洗剤、洗顔料や化粧品、口に入れる歯磨き粉にまで使われています。人体に害があるのなら、これだけたくさんの界面活性剤配合製品は出回らないだろうし、本当のところはどうなんでしょう。

実際には直接害を与えるような製品は出回っていないようですが、過去には有害な界面活性剤配合のシャンプーが販売されていたようです。界面活性剤にも種類があり、メリットデメリットがあるので選ぶ時には確認するようにしましょう。

界面活性剤ってどんな役割をする?

シャンプーや洗剤に配合されている界面活性剤の役割は、汚れ特に脂汚れを落としやすくするということです。髪や頭皮に付いた皮脂汚れは水で洗っても落ちませんが、界面活性剤によりその皮脂の汚れを交わらせて落とすとことができるようになります。

これは界面活性剤が本来は交じり合うことがない水と油を混ぜ合わせることができるからで、汚れとくっつく洗浄効果があるのでシャンプーの他にも洗濯洗剤、台所洗剤にも配合されています。また、洗浄効果の他にも水溶性分と油脂をを乳化させる働きがあることにより、化粧品などにも配合されています。

石油系、高級アルコール系、アミノ酸系がある

シャンプーなどヘアケア用品には界面活性剤が使われていることが多いのですが、安価で強力な洗浄力があるシャンプーには「石油系界面活性剤」が使われているようです。石油系の界面活性剤は洗浄力が強いので、皮脂を落とし過ぎてしまうので注意が必要です。

また、人によっては頭皮や肌トラブルを起こすことがあり、敏感体質だというのなら石油系ではないものを選んだ方が良いでしょう。最近ではほとんどのシャンプーに「高級アルコール系」というココナッツオイルなどが原料の天然成分で作られた界面活性剤が使われていますが、石油系より安全だとされているものの、やはり皮脂を落とし過ぎてしまうことがあるようです。

一番髪や頭皮に優しいのは「アミノ酸系」の界面活性剤で、洗浄力は他のものに比べて落ちますが頭皮や髪と同じ成分で作られているため安心して使うことができます。ただ、お値段は他のものに比べて高めです。優しさを取るか洗浄力や安さを選ぶか、自分の目的に合わせて選べば良いのではないでしょうか。

 - 絶対に髪を生やすための育毛に関する薄毛・抜け毛に関するコラム