【育毛剤ランキング】手遅れになる前に薄毛や抜け毛を改善!

必要不可欠なんだけど帽子やヘルメットはかぶるとハゲるって本当?

   

帽子やヘルメットってやっぱり髪に悪い?

オシャレ目的や陽射しから頭を守るためにかぶる帽子、必要に迫られてかぶらなければならないヘルメット、どちらもかぶることによりハゲやすくなると聞いたことはありませんか?確かにかぶることで通気性は悪くなりますし、蒸れもするでしょう。

しかし夏場など屋外に出る時は、帽子をかぶらず直射日光を長時間直接浴びるのは危険ですし、紫外線は頭皮に良くない影響を与え薄毛や抜け毛の原因にもなってしまいます。

ヘルメットは仕事上必ず着用しなければならないこともあり、いくら真夏の炎天下でもかぶらないわけにはいかずハゲる心配を抱えて耐えている人も多いのです。

帽子は蒸れる心配もあるけど薄毛の予防にもなる

紫外線や直射日光対策のために帽子をかぶることは必要です。そのことは頭皮を保護することにもなり、薄毛対策としてもかぶった方が良いようです。

紫外線を浴びると皮膚の奥まで届いてしまい細胞は破壊され老化を促進させてしまいます。もちろん頭皮に浴びれば頭皮も老化し、その結果健康な髪が生えにくくなる恐れがあります。つまり帽子をかぶることが薄毛対策になるわけです。

でも蒸れることは防がなければなりませんから、帽子を選ぶ時は蒸れない通気性の良い素材を選び、血行を悪くさせる締め付け感があるものは避けましょう。また、寒い季節にかぶる帽子は寒さから頭皮を守ってくれますからかぶることはオススメですが、その際にも蒸れない締め付けのないものを選びましょう。

ヘルメットは帽子よりさらに注意が必要

できればかぶりたくないヘルメットですが、命を守るためにかぶらなければならないこともあります。薄毛や抜け毛が気になりハゲるのが怖い人は特に注意を払い、蒸れないよう気を配ることが大切です。

作業が長引き長時間ヘルメットをかぶりっぱなしになることが多ければ、その分蒸れた状態が続きますから頭皮の状態は非常に悪くなります。出来る限り換気してやる必要がありますから、休憩時間等こまめにヘルメットを外しましょう。

仕事が終わった後は髪や頭皮を清潔するためなるべく早く頭を洗い、ヘルメットも清潔に手入れをしておきましょう。帽子を使用している人も同じように、髪や頭皮のケアと帽子の洗濯や除菌など清潔を心がけるようにしてください。

 - 絶対に髪を生やすための育毛に関する薄毛・抜け毛に関するコラム