【育毛剤ランキング】手遅れになる前に薄毛や抜け毛を改善!

なんで薄毛なの?それは毛乳頭と毛母細胞に元気が足りないから!

   

髪が生えてくるには毛乳頭と毛母細胞が必要

育毛剤の解説で毛髪の仕組みが図になっているのを見ると、頭皮の下に髪のもととなる部分が隠れていてにゅっと伸びてくるらしいことは分かります。その図では皮膚の中に隠れている部分を毛根、皮膚の上に出ている部分を毛幹と呼び、さらに毛根の根元に毛乳頭と毛母細胞が描かれています。

毛乳頭と毛母細胞が存在する部分は球根みたいに膨らんだ形で、実際に球根みたいにそこから髪が芽を出すわけです。球根は中に栄養を蓄えていることで芽を出せますが、同じ様に毛乳頭と毛母細胞に栄養が含まれているから髪も生えることができます。

毛乳頭と毛母細胞の働きってなんだ?

毛母細胞は毛乳頭から栄養を受けますが、その毛乳頭へ栄養を送り届けるのは血液です。摂取した栄養や酸素を体の隅々まで送り届けるのは血液で、頭皮にも栄養が送られ毛乳頭にも送り届けられます。

その栄養をもとにして、毛乳頭は毛母細胞に栄養と細胞分裂を促す指令を送ります。指令と栄養を受け取った毛母細胞はせっせと細胞分裂を繰り返して髪を生み出すのです。髪は根元から押し上げるように成長し伸びていきますが、頭皮から出てしまった部分の髪は成長することはなく「死んでしまった細胞」ということになります。

毛乳頭と毛母細胞の2つがしっかりと働かなければ髪は生えることができず、薄毛が気になるのであればそれらを活性化させることが重要であるということです。

毛乳頭と毛母細胞を活性化させるために

栄養が十分届かなければ髪は元気に育つことができません。ですから髪を育てるのに十分な栄養を摂取することが大切ですし、その栄養を運ぶための血液がきちんと流れることも必要です。

血液なんて生きていれば流れるものだと思っているかもしれませんが、血流が悪くなると栄養が十分に行き届かなくなるので血行を促進するための努力は必要です。運動や十分な睡眠をとるなど健康的な生活を送ることを心がけましょう。

また、育毛剤を使うなら毛母細胞に働きかけ、細胞分裂を促進させる成分が配合されたものを選ぶと効果的でしょう。

 - 絶対に髪を生やすための育毛に関する薄毛・抜け毛に関するコラム