【育毛剤ランキング】手遅れになる前に薄毛や抜け毛を改善!

季節によって髪の生え方伸び方が違う?夏と冬のどちらがより成長?

   

動物は季節によって毛の状態が違いますが

ペットを飼っていると気になることの一つが抜け毛です。季節によって大量に抜けることがあり、冬と夏とでは毛並みも違います。人間も動物なのですから、もしかしたら季節によって毛髪にも変化があるのでは?と感じた方がいるのではないでしょうか。

毛髪は頭部の保護をする役目もあり、気温の変化によってダメージを受けないようにもしてくれます。ペットの毛の状態も合せて考えると、冬は寒さから守るため髪が増えるような気がしますし、逆に夏は熱がこもらないように多少薄くなるのかなと想像できるでしょう。

しかし、実際には逆のようです。伸びる早さに関しては冬よりも夏の方がスピードが早く、冬よりも夏の方が1.7倍も早く成長するということです。

毛髪は伸びるのも抜けるのも夏が一番

伸びるスピードが早くなる夏ですが、面白いことに抜けてしまう毛髪の数も夏が一番多いのだそうです。伸びるのが早い理由は温度が高いために新陳代謝が高くなるからで、それは同時に抜けてしまう原因でもあります。新陳代謝は古いものと新しいものが入れ替わるという意味ですから、夏に起こる毛髪の変化は自然なことなのでしょう。

冬の場合に髪の伸びが遅くなるのは、体温維持のために栄養を使うため摂取しても髪にまで栄養が行き届かないからのようです。冬に髪を短くし過ぎると寒さが身に応えますが、伸びが遅いということですからあまり切り過ぎないようにした方が良いのかもしれませんね。

伸びやすいのではなく生えやすいのは春

伸びやすいのは夏ですが、生えやすい季節というのもまた別にあります。髪が生えやすいのは春、冬の間寒さに耐えて暖かくなってから芽を出す植物にも似ています。気温が上がることで体温維持のために栄養を使っていた分が髪にも回ってくるわけですから、時期が来たから生えるてくるというのは分かります。

季節によって髪の伸び方や抜け方が違ってくるわけですが、ヘアケアも季節によってしっかり行う必要があります。抜けるのが多くなる夏は、紫外線や高温多湿の環境で頭皮も刺激を受けやすく皮脂が増加する傾向にあります。頭皮の状態が悪くなれば抜け毛が増える恐れがありますから、いつも以上に頭皮ケアはしっかり行いましょう。

春には髪が生えやすくなりますが、健康な髪を育てたいならやはり冬場の頭皮ケアが大切です。冬場は乾燥により頭皮にも髪にもダメージがあるので、洗髪する時には潤いを保つよう保護できるヘアケア用品を使うようにし、頭皮もマッサージなど行い血行を良くしましょう。

 - 絶対に髪を生やすための育毛に関する薄毛・抜け毛に関するコラム