【育毛剤ランキング】手遅れになる前に薄毛や抜け毛を改善!

健康な髪の維持と抜け毛を抑えるために正しく使いたいドライヤー

   

頭皮のダメージを考えたら熱風は良くない?

薄毛が気になる場合ドライヤーを使って熱風を頭皮に当てることは良くない、と考えてしまうのではないでしょうか。確かに温度が高過ぎれば頭皮にもダメージを与えますし、髪もキューティクルが破壊されて弱ってしまい抜け毛や薄毛の原因になります。

しかし、だからといってドライヤーを使わないことも実は薄毛の原因になってしまうのです。洗髪後髪を濡れたまま放置し、そのまま寝てしまうと枕との摩擦で髪が傷みキューティクルもはがれてしまいますから、結局抜け毛や薄毛になる恐れがあります。

また、頭部が濡れたままだと体全体が冷えてしまうものです。冷えれば血行不良になり、髪が健康に育つための栄養が頭皮にまで行き届かなくなるので、これも抜け毛や薄毛の原因となるでしょう。

髪のためにはドライヤーを正しく使って乾かそう

要するに頭皮や髪への負担が少なければ、ドライヤーを使うことは抜け毛や薄毛を防ぐことになります。正しくドライヤーを使う、まずはドライヤーを使う前のタオルドライが重要です。

びしょびしょの状態からドライヤーで乾かそうとすると時間がかかり、髪や頭皮への負担も増えます。あらかじめ余分な水分はタオルで取り除きましょう。でも擦ってはいけません。摩擦を避けるためタオルに水分を含ませるように優しく拭きます。吸水性の良いタオルを使うようにしましょう。

設定温度は低めにし、早く乾かそうとして頭部に近付けすぎないよう15㎝程度離して乾かします。まずは頭皮から、同じ場所にずっと風を当てずドライヤーを揺らしながら行います。その後根元から毛先に向かって風を当てていきます。

完全に乾かさず8割程度乾いたら終了しましょう

髪は完全に乾かすと頭皮も髪も乾燥しすぎてしまうので、8割程度乾いたところで終了です。もし時間に余裕があるのなら、温風ではなく冷風で乾かした方がダメージが少なくすみます。また、ドライヤーによってはターボ機能などが付いているものもありますが、これもダメージを受けることが増えますから使わないほうが無難です。

ほぼ乾いたところで冷風を当てるとキューティクルを引き締める効果があります。ドライヤーを使っている途中でブラッシングする人もいるようですが、これは髪が傷む原因になりますからブラシを使うのは乾いた後にしましょう。

 - 絶対に髪を生やすための育毛に関する薄毛・抜け毛に関するコラム