【育毛剤ランキング】手遅れになる前に薄毛や抜け毛を改善!

せっせと使っていた育毛ブラシが実は逆効果?間違った使用法は危険

   

血行促進効果がありそうだから強めに使っていた!

薄毛や抜け毛防止には頭皮の血行を良くすることが効果的ということで、市販されている育毛ブラシを使ってせっせとマッサージしている人も多いようです。ブラシで血行促進させるというと、ある程度の力を加えて刺激するのが効果的だからグイグイ押し付けるようにして使ってしまいがちです。

実際にそうやって使用すると頭皮は赤みを帯びて、血行が良くなったようが気がします。しかし、これは血行が良くなったのではなく頭皮が充血したり内出血したりとダメージを受けている状態かもしれません。

頭皮にダメージを与えてしまうことは育毛で絶対やってはいけないこと、逆効果になってしまいます。正しく使えば確かに血行促進作用もありますが、育毛ブラシは使用法を間違えると危険だといえるでしょう。

血行不良はどのタイプの薄毛にも共通する原因の一つ

薄毛にはびまん性脱毛症、老人性脱毛症、それに男性型脱毛症(AGA)などがありますが、どのタイプの薄毛にも共通しているのは頭皮の血行不良が原因の一つになっているということです。

ですから薄毛である人や防止したい人にとって、育毛ブラシは血行促進のために便利に使える育毛グッズということで利用者が多いのです。

適切な育毛ブラシで頭皮に負担をかけないように使用すれば問題ありませんが、刺激によって毛根を目覚めさせようとするようにムキにになって使うのは良くないどころか危険です。

痛いと感じるようなブラシ使いではダメ

通常のヘアブラシを使う時でも、薄毛の人なら特に痛いと感じることがあるでしょう。押し付けて強くブラッシングすることは髪が普通に生えている人でも痛みを感じるのに、薄毛であればより頭皮に当たるので痛みが強いのは当然です。

痛い、辛いと感じればストレスになってしまいます。頭皮への直接のダメージと痛みによって感じるストレスは、決して育毛に良いとは言えずむしろ髪が生えにくい条件を増やしてしまうことになります。

育毛ブラシを使うのなら気持ちが良いと感じる程度に使い、雑菌で頭皮にダメージを与えること避けるためいつも清潔な状態にしておかなければなりません。

正しく効果的に使う、清潔に管理するということが難しければ、育毛ブラシを使うのではなく自分の手でマッサージすることを選んでも良いでしょう。

 - 絶対に髪を生やすための育毛に関する薄毛・抜け毛に関するコラム